小泉 八雲 こいずみ やくも の名言

小泉 八雲【こいずみ やくも】Wikipediaより

あなたの話、あなたの言葉、
あなたの考えでなければいけません。

小泉 八雲 こいずみ やくも Yakumo Koizumi

ギリシャ出身の新聞記者 紀行文作家 随筆家 小説家 日本研究家 1850〜1904


たくさんの情報を、簡単に手に入れられる、
便利な世の中になっていますが、
知識や情報は、得ただけではあまり意味と価値はありません。

それを、誰かの幸せのために、自在に活用できてこそ、
意味と価値があるものになりますし、
その知識や情報が、自分のものになった状態でしょう。

知ることと、できることは全くの別物です。

現代は、どちらかと言うと、
知ったことで、できるようになった、
錯覚に陥ってしまっている人が多くなっています。

その状態で、誰かに伝えようとしても、
伝わるはずもありません。

仮に、完全にマスターしていたとしても、
自然界では、届くのは2割程度ですから、
知識として知っているレベルでは、
限りなくゼロに近い確率でしか届けられないでしょう。

ただ一方で、自分自身の身につける最良の方法が、
誰かに届けようとすることでもあります。

例えば、初めて知った情報を、
誰かに伝えようと、言葉、文字にしようとしても、
なかなか上手く伝えられるものにはなっていきません。

知っているレベルの、2割程度届けばいい方でしょう。
10知ったとしてしても、届くのは1〜2程度です。

2割で必要十分な情報などにしていくには、
知っている、身についているレベルを、
例えば、10のレベルを届けたいのであれば、
50〜100のレベルを知り、身につけておく必要があります。

そのレベルを高めることも、
現代人は、単に思考で知るレベルを、
高めようとする傾向にありますが、
それよりも、実際に届けよう、伝えようとした方が、
どう知れば、どう身につけていけばいいかを、
実践の問題として知り、感じることができます。

インプットだけでは、
自分では満足できるレベルになっていると考えても、
いざ、実際に届けよう、伝えようとした時には、
全く届かないことを実感することになります。

いずれにしても、情報、知識などは、
たくさんのものが、簡単に手に入るようになっている代わりに、
真偽が定かではないような情報も溢れるほどにあります。

これは、最低限、自分の中で、
しっかりと検証して、再現性などを持たせておくことは必須でしょう。

届ける時には、自分がどの程度知り得ていることなのかを、
明確にしておくことも大切なことでしょう。

制限時間のある人生の中で、
知り得る情報には、おのずと限りがあります。
たったひとつの情報でさえ、
深く追求していけば、無限の深さがあります。

ぜひ、知り得た情報、知識は、あなたの血肉にして、
また、深い情報、知識をインプットできるように、
高いレベルで届けられるようにもチャレンジしてください。

高いレベルで届けようとしていけば、
深いレベルの、姿が見えた、必要な情報が見えてきます。

情報を循環させることで、
あなたの才能、能力も確実に高まっていきます。

愛は循環させることで、大きくなる自然界の原理を、
どうぞ、あなたの素晴らしい才能にも授けてください。

(浜本哲治)


小泉八雲集


八雲が愛した鼻かけ地蔵 Wikipediaより
八雲が愛した鼻かけ地蔵 Wikipediaより