小倉 遊亀の名言 おぐら ゆき

小倉 遊亀【おぐら ゆき】Wikipediaより

絵を描くことは坐禅と同じ、
対象に宿る美しさを発見するためには
無心に物を見る態度を養わなければならない。

小倉 遊亀 おぐら ゆき Yuki Ogura

日本画家 1895〜2000


これは、すべての夢の実現、
才能、能力の開発に必要なことですね。

愛を届ける人の、
幸せを実現していくことが、
自然界での本来の夢の実現ですが。

幸せのポイントは、
本人でさえ気づいていないこともあります。
また、その全てが表現されているわけでもありませんから、
見えていないもの、表されていないものを、
感じ取ることが大切なことになります。

自分自身の、また大切な誰かの、
本来の才能、能力、未知の能力なども、
すべてが、見えるように、五感で感じられるように、
表出しているものではありません。

その確実にあるけれど、
まだ、見えていないものを、
引き出せる能力も大切ですね。

そして、その能力こそが、
思考を手放すことで、実現していくものです。

無心に見ることは、
非常に限定された、狭い領域の能力である、
思考で考えているレベルでは、
見えないものは、見えてきません。

また、目に見えないものを、
感じ取る能力は、誰にでも備わっているもので、
実際にそれは、感じ取っています。

ただ、すでに感じ取っているものを、
認識できていないだけだと考えた方がいいでしょう。

思考では理解できない、
感じ取っているものを、認識、理解するには、
思考を手放していくことです。

この思考を手放す感覚を掴んでいけば、
誰にでも、日常の中で、
未知のものを、感じ取ること、
閃きを引き出していくことが、
簡単にできるようになります。

人間の脳のメカニズムを知り、
進化した、脳の活用方法を、ぜひ身につけてください。

小倉さんの、こんな言葉もありました。

梅は何ひとつ怠けないで、一生懸命生きている。
私も怠けていてはいけない。


何ももたぬという人でも、
天地のめぐみをいただいている。


(浜本哲治)


小倉遊亀 (日経ポケット・ギャラリー)