桂 太郎の名言 かつら たろう

桂 太郎【かつら たろう】Wikipediaより

一日に十里の路を行くよりも、
十日に十里行くぞ楽しき。

桂 太郎 かつら たろう Taro Katsura

武士(長州藩士)陸軍軍人 政治家 1848〜1913


この自然界の本質である楽しさを、
実感し、実践できるようになると、
人生が本当に愉しいものになっていくでしょう。

仮に、一日に十里進んで、九日休んでいたとして、
到達できる距離は同じになるのですが。

十日経った時の、能力のクオリティには、
大きな差が出ています。

一日目に十里進んでも、十日目に十里進んでも、
チャレンジのない、九日の睡眠時間を迎えていることが、
大きな差の要因になります。

人間の能力は、睡眠時間に、
日中のアクションで得られた刺激を、
成長、進化に繋げていく作業が行われます。

いくらアクションによるチャレンジが、
たくさん行われても、睡眠による、
整理、融合がおこなわれなければ、
能力が成長、進化することはありません。

この辺りの、人間の脳と身体のメカニズムを、
正しく理解しておくことが大切です。

もちろん、自然界は直線的な動きはすることなく、
波状、スパイラル状のエネルギーの動きになりますから、
毎日、一里と決めてしまうことも不自然なことです。

日によっては、二里も三里も進めることはあるでしょう。
一里に届かないこともあるでしょう。

これは、自然のリズムを捉えて、
凸凹があっても構わないですし、
むしろ、そうすることが自然なことですが。

最重要なことは、チャレンジをしない日を、
作らないことですね。

たとえ、一歩だけであっても、
チャレンジをすることです。

そのチャレンジあってこそ、
睡眠時間の進化の実現があります。

ただ、決して無理はしないことです。
いつしか、今の一日に十里が、
毎日続けられるような、
当たり前のレベルの進化も実現していくでしょうが、
いきなり、それは実現していかないかもしれません。

チャレンジはしても、無理はしないこと。

これも、日々休むことなく、
チャレンジを続けていくために大切なことですね。

ぜひ、自然界の自然な歩みを重ねてください。
人間界は、非常に不自然にまみれていますから、
この自然なチャレンジが、難しい環境にもなっていますが、
最大の能力を引き出して、最高の結果という現象を起こしていくには、
自然に沿っていくことが最良の方法です。

そして、日々チャレンジを重ね続ける、
愉しさ、醍醐味を味わっていってください。

(浜本哲治)


宰相桂太郎―日露戦争を勝利に導いた首相の生涯 (光人社NF文庫)