五代 友厚の名言 ごだい ともあつ

五代 友厚【ごだい ともあつ】Wikipediaより

地位か名誉か金か、
いや、大切なのは目的だ。

五代 友厚 ごだい ともあつ Tomoatsu Godai

幕末から明治時代中期にかけての武士(薩摩藩士)実業家 1836〜1885


自然界では、本来目指すべきものを、
しっかりと目指しチャレンジしていけば、
手段や過程は、ちゃんと結果として受け取ることができるのに、
まだまだ、手段や過程を目指しているケースは多いですね。

例えば、目的地もなく、
ただ、交通機関だけに囚われていると、
きっと、自分は何をしたいのか、
どこに行きたいのだろうと、
疑問や不安が頭をもたげてくるだけでしょう。

また、目的地が明確になっていれば、
手段などにこだわることもなく、
過程は単なる過程とすることができ、
もっと可能性が広がっていくでしょう。

自然界の人生で目指すべき目的地は、
誰を幸せにするか、どれほどの人を幸せにするかです。
これを明確にしていくことですね。

それをひたすら目指し、
際限なく深く広がっていく、
幸せのクオリティや、届けるスケールを、
どこまでも追求することです。

その追求の過程で、
人間界の地位や名誉、お金などの、
手段や過程は、必要なものが必要なだけ、
自然に付いてくるものですね。

これを、その手段や過程を目指してしまうから、
不自然なストレスに苛まれてしまうことになります。

人間も含め、自然界の存在の欲は無限にあります。

夢の実現にも終りはありません。
もちろん、手段や過程を追求していっても、
その欲に終りはないでしょう。

手段や過程の追求は、
何も達成感のない、同じ所を、
グルグルと回っているメリーゴーランドのように、
堂々巡りをするだけにもなってしまいがちですね。

ぜひ、常に自然界で本来目指すべきものを、
夢として目指しているかを感じてください。

あなたの素晴らしい才能には、
ぜひ、真の夢、志を与えてあげてください。

五代さんが、親友の大隈重信さんに送った言葉で、
大隈さんの弱点を、戒めたものだと言われている言葉がありました。

1. 愚説愚論だろうときちんと最後まで聞いてあげること。
2. 自分より地位の低いものが自分と同じ意見なら、その人の意見として採用すること。手柄は部下に譲ること。
3. 頭にきても大声で怒気怒声を発しないこと。
4. 事務上の決断は、部下の話が煮詰まってからすること。
5. 自分が嫌っている人にも積極的に交際を広めること。


(浜本哲治)

大阪証券取引所前の銅像 Wikipediaより
大阪証券取引所前の銅像 Wikipediaより

LINEで送る