小林 多喜二の名言 こばやし たきじ

小林 多喜二【こばやし たきじ】Wikipediaより

闇があるから光がある。
そして闇から出てきた人こそ、
本当に光のありがたさがわかるんだ。
世の中は、幸福ばかりで満ちているものではない。
不幸であるから幸福がある。
そこを忘れないでくれ。

小林 多喜二 こばやし たきじ Takiji Kobayashi

プロレタリア文学の代表的な作家 小説家 1903〜1933


自然界は、ミクロにみていくと、
すべての存在がエネルギーになっていきます。

そのエネルギーの振動と同じように、
すべてのものには、揺らぎがあります。

相反する両極に振れながら、
進化の方向に向かって進んでいきます。

ただ、その相反する極は、
どちらが良くて、どちらが悪いということは、
自然界の中にはありません。

人間はどうしても、
光と闇という言葉などにも象徴されるように、
良い悪いという区別をしたがりますが。

この価値観は手放していった方がいいでしょう。

それだけで、自然界の人生を、
多くの時間愉しめることになっていきます。

光輝いている時だけが、
良い時ではありません。

昼と夜とでは、
どちらも、必要不可欠なものであるように、
すべては、とても大切なものです。

この自然界のリズム、エネルギーの動きを、
理解していくことが重要です。

そして、良い悪いではなく、
相反する、両極に振れるのが、
自然界のリズムだということを、
把握して、実感、体得していくことですね。

このリズムがあることを理解でき、
そして、そのリズムをつかむことができれば、
それだけで、能力の進化も実現していき、
今の能力のままでも、
夢への道も、どんどん進んでいくことになります。

明暗は両方で一対である。

明、暗は良し悪しではなく、
リズムであること。

人生を何倍にも愉しんでいける、
自然界の原理をしっかりつかんでくださいね。

小林さんの、こんな言葉もありました。

困難な情勢になってはじめて誰が敵か、
誰が味方顔をしていたか、
そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。


こういうことも起こりますから、
すべての局面が、大切なことだと言えますね。

(浜本哲治)


蟹工船


下川沿駅前の生誕碑 Wikipediaより
下川沿駅前の生誕碑 Wikipediaより