小出 義雄の名言 こいで よしお

小出 義雄【こいで よしお】Wikipediaより

本当に陸上が好きなら、
神様が同情してくれるくらい
好きにならなきゃいかんよ。

小出 義雄 こいで よしお Yoshio Koide

陸上競技の元選手 マラソン・中長距離選手の指導者 1939〜


小出さんの、こんな言葉もありました。

どんな世界であってもいい、
好きなものを一つ見つけなさい。
そして、夢を失うことなく
最後まで持ち続けなさい。
夢を持ち続ける限り、
心も体も若さも保つことができます。


陸上に限らず、
どんな事を成していくにも、
とても大切なことですね。

誰が見ても、本当にそれが好きなんだな、
心から愛しているんだな。
と感じられるほどに一途になっていくことです。

俗に言われる「○○馬鹿」
と言われるほどに、愛し抜くことですね。

自然界は非常にシンプルです。
やればやっただけの反応があります。

中途半端にすれば、中途半端な結果になりますし、
とことんやれば、それなりの答えが出てきます。

これは、見事に厳然とした原理です。

思うような結果が出ないと感じているとしたら、
それなりのことしかできていないのだと、
理解して間違いないですね。

ぜひ、あなたの素晴らしい才能を生かして、
どこまでも愛し抜いてください。

そこから、色んなものが見えてきますね。

以前消化した、小出さんの言葉です。

私の教え方は、夢と希望を持たせることです。
「勝てるよ、世界一になれるよ、お前なら絶対出来る!」
と毎日誠心誠意言い聞かせると、
心が通じて人間の脳は
「なるほどな!」となるわけです。
そのなるほど!が高橋の場合、
金メダルにつながりました。

https://goo.gl/nBhvge


(浜本哲治)