アイザック・ウォルトンの名言 Izaak Walton

アイザック・ウォルトン(Izaak Walton)Wikipediaより

芸術家として生まれた者はいないように、
釣り師として生まれた者はいない。

アイザック・ウォルトン Izaak Walton

イギリスの随筆家 伝記作家 1593〜1683


ウォルトンさんの、こんな言葉もありました。

釣り師は、すべての魚を愛する。


良心を失った人間が、
価値あるものを残すことはない。


どんな才能も、自分自身でそれに気づき、
掘り起こし、磨き込んでいかなければ、
輝きを放つことはありません。

たとえ誰かが、見出したとしても、
自分自身がそれを感じ、
その気にならない限り、
才能を充分に引き出すことはできません。

そして、その可能性を狭めないためにも、
思考や感情で、好き嫌いを作って、
特に嫌いな感情が出てきたものを、
排除しようとしないことです。

それこそが愛することですね。

ベタベタと絡み合うことだけが、
愛することではありません。

自分が近づかない、触れないこと、
そっとしておくことが、
愛することになるケースも多いものです。

そして、自然界の未来のために、
有用なものを遺していくには、
自然に沿って、才能を発揮していくことですね。

それがたとえ、人間界のローカルルールに沿っていても、
自然界のルールに沿っているとは限りません。

自然界、人間界の未来に役立つ、
真の良心はもちろん、
自然界の原理原則に沿っていくことですね。

あなたの中には、
今も輝き、未来にも希望を渡せる、
素晴らしい才能を授かっています。

その才能に気づき、愛し、自然に沿って、
最高の輝きを放つ能力へと、
磨き込んでいってください。

以前紹介した、ウォルトンさんの言葉です。

穏やかになることを学べ。

http://www.pt-hamamoto.biz/fwd3/1164


(浜本哲治)

Walton's house at '120 Chancery Lane' occupied 1627–1644 (from Old & New London, Walter Thornbury Wikipediaより
Walton's house at '120 Chancery Lane' occupied 1627–1644 (from Old & New London, Walter Thornbury Wikipediaより