大隈 重信 Shigenobu Ohkuma

大隈 重信(Shigenobu Ohkuma)Wikipediaより

幾多の失敗を重ねたが、
しかし恐縮はせぬ。
失敗はわが師なり、
失敗はわが大なる進歩の一部なり。

大隈 重信 Shigenobu Ohkuma

江戸幕末~大正期の政治家 教育者 第8代・17代内閣総理大臣 早稲田大学創設者 1838~1922


失敗を怖れて、チャレンジを逡巡していませんか?

どんなに最善を期しても、
20:80の自然の法則から言っても、
上手く行かないことの方が多くなります。

どこまでも追求していっても、
極めることの出来ない自然界では、
どんなに失敗をしても、
生ある限り、時間がある限り、
道が無くなることはありません。

何よりももったいないのは、
上手く行かないこと、失敗を怖れて、
チャレンジすることなく、結果が出ないことです。

また、腰が引けた状態でチャレンジして、
中途半端な結果を出してしまうことですね。

全身全霊でチャレンジした結果は、
良くも悪くも、大きな学びになります。

結果が出ないことには、学びようもありませんし、
上手くいったのか、そうでないのか、
訳の分からない結果では、
やはり、しっかりチャレンジすればよかった、
という学びくらいにしかなりませんね。

そして、このチャレンジの内容や、その結果は、
思考で考えうる知識や体験以上に、
あなたの、潜在意識の脳の領域への、
貴重なインプットになります。

あなたの脳は、あなたが考えている以上に、
全ての出来事から学んでいます。

その学んだことが、その後の至るところで、
潜在能力の発揮という形で現れてきます。

例えば、思考で考えるにしても、
与えられる情報が、曖昧なものであれば、
判断に迷ってしまうように。

あなたの脳、潜在意識には、
精一杯の情報をインプットしてあげることです。

全力でチャレンジする情報を、
その結果の情報を、明確にしてあげることですね。

上手くいったことも、そうでないことも、
単に、今後のための情報でしかありません。

失敗を怖れる必要は全くありません。
精一杯のチャレンジをして、失敗することは、
成功すること以上に価値のあることです。

チャレンジしたことで、失敗はないと言ってもいいでしょう。
失敗とは、チャレンジしないことでしょうね。

上手く行ったこと同様に、
上手く行かなかったことも喜ぶべきです。

本気のチャレンジを重ねるたびに、
いずれにしても、結果を出すたびに、
あなたが進化していきます。

どうぞ、どこまでもチャレンジしてください。
そして、結果を全て愉しんでください。

(浜本哲治)

佐賀県佐賀市に現存する大隈重信の生家(国の史跡に指定) Wikipediaより
佐賀県佐賀市に現存する大隈重信の生家(国の史跡に指定) Wikipediaより

LINEで送る