腰塚 勇人の名言 こしづか はやと

腰塚 勇人【こしづか はやと】

「5つの誓い」
口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう。
耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう。
目は人のよいところを見るために使おう。
手足は人を助けるために使おう。
心は人の痛みがわかるために使おう。

腰塚 勇人 こしづか はやと Hayato Koshiduka

講演家「命の授業」元中学校体育教師 1965〜


何を五感で感じて、インプットするかは、
アウトプットが、その影響をたぶんに受けますから、
とても大切なことですね。

ただ、多くの場合、五感で感じると言うよりは、
五感で感じて考えたものをインプットしているでしょう。

本来、見たものや触れたものなどは、
感性、潜在脳が本質を見抜いています。

なので、その考えたものではなく、
本来の感じたものにフォーカスして、
深く感じていけば、
例えば、感じた物や人の本質、
言うなれば、良いところに辿り着きますから、
それをインプットしていれば、
アウトプットも、その良いところを感じた反応になります。

例えば、悪意のある言葉を投げかけられたとしても、
感性では、その原因や本質を感じていますから、
その大半の要因である、
自分が投げかけたエネルギーに原因があれば、
教えてくれてありがとうになりますね。

また、心をフォーカスした相手の方の本質も、
感性はキャッチしていますので、
それを深く感じていけば、
良いところや痛みに辿り着きます。

これを、投げかけられた言葉自体の意味や、
乗っている感情などを、思考で考えて、
感情に引き渡してしまうことが多いので、
感情に振り回されてしまうことになります。

感性で感じることから、思考で考え、感情に引き渡すまでは、
僅かな時間の中で行なわれていますが、
よくよく感じてみると、
感性で感じたことと、思考で考えたことの違いがわかります。

多くの場合、良いところを見つける。
というのは、思考の領域で行なわれますので、
この領域でそれを実現していくには、
思考習慣をそうしていくしかありません。

ただ、思考以前に感性で「感じる」ものを、
大切にしていくことで、
インプットされるものが違ってきますから、
思考習慣を身につける以上の影響を、
アウトプットに与えることになります。

習慣を超え、習慣をも整えることが、
本質を「感じる」ことを大切にすることで養われていきます。

ぜひ、日常のあらゆる場面で、
思考と思感の違いを感じ分けてください。

これは、あなたの本質や潜在能力を引き出すことに、
非常に重要なことになります。

感性、潜在脳が感じたことを、
上手にキャッチしていくと、
あらゆる場面での言動が、
すぐに変わっていきます。

そのアウトプットに呼応するように、
あなたの才能、能力もさらに進化していきますし、
しなやかさ、温かさに深みが増していきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る