土方 歳三の名言 ひじかた としぞう

土方 歳三【ひじかた としぞう】Wikipediaより

勝てるか勝てないか、やってみなければわからないよ。
おらァもう、勝敗は考えない。
ただ命のある限り戦う。
どうやらおれのおもしろい生涯が、
やっと幕をあけたようだ。

土方 歳三 ひじかた としぞう Toshizo Hijikata

幕末期の幕臣 新選組副長 1835〜1869


目先の勝ち負けに囚われていては、
勝負の本来の醍醐味も、人生の真の愉しみも、
味わえずに過ごすことになりますから、
本当にもったいないですね。

痺れるような緊張感も、
打ちのめされる屈辱感も、
心のどこかでほくそ笑むように愉しめてこそ、
また、勝ちにも、即座に次の高みに向かえてこそ、
心底、チャレンジを愉しめるものでしょう。

土方さんの、こんな言葉もありました。

目的は単純であるべきである。
思想は単純であるべきである。


一日過ぎると、その一日を忘れるようにしている。
過去はもう私にとって何の意味もない。


男の一生は、美しさをつくるためのものだ。俺はそう信じている。


心底チャレンジを愉しむためにも、
どこまでもシンプルにしていくことですね。
複雑に人間が思考で手を加えて、
素材本来の味がわからないようになっては、
深い味わいは失われていきます。

そして、どんどん蓄積していく過去を、
どんどん溜め込んで、感じる感覚を茫洋とさせてしまっては、
そもそも深い味を感じることもできませんね。

現代社会は、便利さが増していますが、
有象無象の情報も氾濫していて、
どんどん、人間が本来自然から授かった、
感じる心が、麻痺してきているでしょう。

五感の感じる機能が麻痺するのと同じで、
現代人は、感じ取る能力が進化しているのではなく、
食傷気味になるほどに、溢れたものを収拾できなくなって、
本来深く味わえるものや、感じなければいけないものを、
単に感覚が麻痺して、感動できなくなっているだけですね。

便利になって、溢れるほどに味わえるものがあるからこそ、
感性を研ぎ澄まして、厳選して感じ味わっていくことが、
特に才能、能力の進化には重要なことです。

どうぞ、あなたの可能性をどこまでも秘めた才能には、
常に新鮮で、深いインパクトを与えてください。

進化と麻痺を、どうぞ勘違いしないでください。

時代が変わって、情報量などが変わっても、
感性、才能を研ぎ澄ます原理原則は同じです。

どれだけエネルギーを分散させずに集中させて、
深く感じていけるかです。

浅く広い刺激からは、
あなたの才能が溢れ出すことはありません。

まだまだ、無限に溢れ出す泉が、
あなたの中にはあります。

ぜひ、滾々と湧き出てくるように、
ディープインパクトを与え続けてください。

(浜本哲治)

LINEで送る