井村 荒喜の名言 Koki Imura

井村 荒喜(Koki Imura)Amazonより

人の一生は短いが、事業は尽きることのない永遠のものである。
しかして事業を永遠のものとするためには、日に新たに、絶えず己を更新してゆかねばならないし、日に新たでなければ、楽しみもなければ希望もない。

井村 荒喜 Koki Imura

不二越創業者 1889~1971


事業も決して永遠のものではありませんが、どこまでも続けていこうとするのであれば、まさに変化し続けていくことですね。

変化させないようにしようとし始めた途端に、動脈硬化を起こしてしまうようになっていきます。

人間の身体のことを考えてみると、火を見るより明らかなことですが。

どうしても、常に変化し続けること、新たに生まれ変わり続けることが、できなくなってしまうところが、人間界が進化の余地の大いにある部分でしょう。

今あるものにすがっても、あまり意味はありません。
同じ細胞ばかりでは、人間の身体もすぐに故障してしまうようになります。

また、変わらない方がストレスやエネルギーの浪費が、少なくて済むように考えるかもしれませんが。

これは逆でしょう。

変化しないようにすることの方が、遥かに不自然なストレスは蓄積されていきます。
その瞬間には感じられないかもしれませんが、どんどん蓄積していって、限界点、閾値を超えたところで、現象としては抑えきれないことが溢れ出てしまいます。

エネルギーも、現状維持をさせよう、変化しないようにしようとする方が、遥かに大きなエネルギーを浪費することになります。

そして人間の脳は、変わらないことにはすぐに飽きてしまいます。

たとえそれが、当初どんなに心ときめいたことでも、変化しないことにはいつしか何も感じなくなります。

年初に壁に貼った夢が、いつしか壁のシミ状態になっているのと同じことですね。

あなたの夢に、いつまでもチャレンジし続けることも同じです。

日々、夢もチャレンジも新鮮であり続ける工夫が必要です。

夢も進化させ続け、チャレンジも本質に向けて、立ち止まることなく、どこまでも深く追求していくことです。

その先に永続が見えてきます。

あなたのせっかくの素晴らしい才能は、永く引き出され続けてこそ価値が高まっていきます。

全てを変化させ続けることを、ぜひ覚悟、決断してください。

(浜本哲治)


新・知りたい油圧〈基礎編〉


LINEで送る