ピーター・ドラッカーの名言 Peter Drucker

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)Wikipediaより

チャンスとは、ひとつのことに心を集中することによって、かろうじて見つけることができるものである。

ピーター・ドラッカー Peter Drucker

オーストリア出身の経営学者 社会学者 1909~2005


チャンスの質も量も、どれだけ深く探究できているかで、多く、大きなものを掴むことができます。

これは日常のあらゆる場面を感じていても明らかになっていくことですね。

深く探究できていなことは、たとえそこに大きなチャンスがあったとしても、それが目に入っていても見えないことは、日常茶飯事のようにあることです。

深く知らないとチャンスは見えません。

またあれもこれもと表面的にも忙しくしていると、チャンスが見えていたとしても掴むことができないことがとても多くなってきます。

チャンスは本来目の前をたくさん通り過ぎています。

ただそれをチャンスだと捉えられるレベルになっていないと、逃すチャンスが多くなるのは当然のことですね。

たぶん冷静に考えてみても明らかに理解できることなのですが、これが実践できていないケースが大半と言ってもいいでしょう。

あれもこれもと忙しく動き回っている方がチャンスに巡り合うという妄想を抱いていることもあるかもしれません。

ぜひ一点を深く深く掘り下げて、チャンスの質も量も広げていってください。

ピーター・ドラッカーさんのこんな言葉もありました。

何事かを成し遂げるのは、強みによってである。
弱みによって何かを行うことはできない。
できないことによって何かを行うことなど、到底できない。


これからは、誰もが自らをマネジメントしなければならない。
自らを最も貢献できる場所に置き、成長していかなければならない。


私の観察によれば、成果をあげる者は仕事からスタートしない。
時間からスタートする。計画からもスタートしない。
何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。
次に、時間を管理すべく自らの時間を奪おうとする非生産的な要素を退ける。


いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。
成果の上がらない人は、第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。
第二に、彼らは急ごうとする。第三に、彼らは同時にいくつかのことをしようとする。


イノベーションを成功させるには、焦点を絞り単純なものにしなければならない。


これまでに紹介したピーター・ドラッカーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る