ピーター・ドラッカーの名言 Peter Drucker

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)Wikipediaより

基本と原則に則っていないものは必ず破綻する。

ピーター・ドラッカー Peter Drucker

オーストリア出身の経営学者 社会学者 1909~2005


そしてこの基本と原則は人間界のそれではなく、自然界の基本と原則に沿っていくことです。

今の人間界は人間界の中だけで通用する基本や原則を作ってしまっていて、もっと大切な自然界の原理原則、基本から大きく離れていってしまっています。

このことに気づいていかなければ、この言葉にもあるように必ず破綻することになるでしょう。

人間界の常識、当たり前が、自然界の非常識だということはたくさんあります。

自然界では自然なままにしていることがいちばん美しく、機能的であるのですが、人間はそこに多くの手を加え過ぎています。

こんな不自然なことをどんどん進めていけば、必ずどこかで破綻することはきっと多くの人が気づいているのですが、気づかないふりをしたり、全体をなんとか変えようとするような、これまた不自然なことをしてしまっています。

気づいたのであれば、まず自分自身が自然界の自然に沿うようにしていくことです。
その姿を身の回りの人に見せていき、自然界での真の幸せに気づかせていくことです。

その同心円が広がっていけば、全体はこれまた自然に変わっていくものです。

どうぞ人間界の破綻が起こる前に、あなた自身が変わっていってください。
自然界の自然、自然界の原理原則、基本に沿うことほど幸せを実感できるものはありませんし、ストレスフリーになる生き方はありません。

ぜひ実感していってくださいね。

ピーター・ドラッカーさんのこんな言葉もありました。

意思決定における第一の原則は、意見の対立を見ないときには決定を行わないことである。


明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は、
1.自分で自分の面倒がみられること。
2.下(部下)のマネジメントではなくて、上(上司)のマネジメントをすること。
3.そして、経営の基本を広く着実に身につけることである。


企業は何よりも「アイデア」であり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである。


これまでに紹介したピーター・ドラッカーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る