木村 政雄の名言 Masao Kimura

木村 政雄(Masao Kimura)Wikipediaより

人に元気がないから国に元気がない。

木村 政雄 Masao Kimura

フリープロデューサー 1946~


木村 政雄さんのこんな言葉もありました。

人や世間にハンドルを預けたら、恨みが残ってしまう。
ハンドルは自分で持たないといけないんです。


人間は全体があって、その影響を個が受けてしまうと考えがちですが、全体は個の反映であり個の影響が全体に出ていると考えた方がいいでしょう。

すぐに環境や社会、全体の責任にしてしまうのは本末転倒です。

全体や環境を最も早く簡単に変えていける方法は自分自身が変わっていくことです。
試しに笑顔が少ない環境を変えるのに、自分自身が笑顔になることがいちばんなのを実感してみるといいでしょう。
そういう環境が変わるのを待っていてもいつまでも変わることはありませんが、あなたがいつも笑顔を振りまいていれば、とても簡単に笑顔の環境になっていくはずです。

もちろん自分自身の人生を手放してはいけません。
自分が唯一自由にコントロールできる自分自身のことを他人任せにしてしまっては、自然界の中で自由にコントロールできるものは存在しなくなってしまいます。

どうぞ自由にコントロールできる自分自身とひたすら向き合って、望ましくない全体があるのなら自分自身が変わることで全体が変わっていくことを実感してください。

きっと素晴らしい体験になっていきますよ。

これまでに紹介した木村 政雄さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る