開高 健の名言 Takeshi Kaikou

開高 健(Takeshi Kaikou)Wikipediaより

成熟するためには遠回りをしなければならない。

開高 健 Takeshi Kaikou

作家 1930~1989


自然界は、循環して成長、進化していく世界です。

植物たちも、一年の季節の循環、一日単位の循環を経て、成熟、熟成されていきます。

人間の能力も同じですね。
習慣を身につけることを感じてみるとわかりますが、一回、一日できたからといって、それが身に付いたとは言えませんね。

思考を働かせずに、身体が自然に動くようになって初めて、習慣化したと言えます。

石の上にも三年。
などの言葉もありますが、成熟の最小単位は3循環は必要だと考えてもいいでしょう。

「習慣を簡単に変える方法」でも話していますが、
https://www.pt-hamamoto.biz/index.php?Habit

習慣を身につけるキーポイントは3日ですし、ひとつのものをものにしていくには3年は必要でしょう。

この3循環で大切なことは、休息です。
寝かせる期間が必要だということですね。

発酵食品や飲み物などが、寝かせる時間が必要なように、人間の脳もインプットされた情報や行動は、寝ている間に熟成されます。

それがより素晴らしい味を引き出したり、それまでのものと融合して新しいものを創り上げたりします。

身に付けたいことなどは、情報として知っただけでは意味がありません。

それを行動として実践すること、さらに自分のものにしていくこと。

それには、どうしても休息や睡眠などの循環を経なければなりません。

開高健さんの言葉に、
「悠々と急げ」
という言葉がありますが。

熟成がままならないままに焦っては、急いては事を仕損じるとも言われるように、なかなか上手くいきません。

ただ時間も永遠にあるわけではなく、あらゆるものに熟成の時間も必要ですから、出来る限り仕込みはして、成熟を待っていきたいですね。

成熟を待つことは、一見遠回りしているようですが、実はあなたの夢の実現にも、能力の開発にもとても大切なものですね。

日中の思考領域の脳や身体を働かせたチャレンジ、睡眠中に潜在領域で熟成させること、どちらも良質な時間にしていってください。

あなたの才能や自然は、必ずあなたのチャレンジ応えてくれますね。

(浜本哲治)

LINEで送る