勝 海舟の名言 Kaishu Katsu

勝 海舟(Kaishu Katsu)Wikipediaより

行いはおれのもの、批判は他人のもの。
おれの知ったことではない。

勝 海舟 Kaishu Katsu

江戸時代末の幕臣 明治初期の政治家 1823~1899


特に何か新しいことを始めようとすると、必ず批判に晒されることになりますね。

そして、人間は弱いものですから、風見鶏になってしまうことがよくあります。
これでは、大事も小事も成し遂げられませんね。

通常、批判の多くは無責任なものです。
それをいちいち気にしていても、どうにもなりませんね。

どうしても実現したいことがあるのであれば、この勝さんの言葉のように割り切ることも、とても大切な発想になりますね。

時には批判してくれる相手に、理解して欲しいこともあります。

そういう時に覚えておいて欲しいことは、
「人間は説得されることはなく、自分自身で気づかない限り納得しない。」
ということです。

説得されて表面的には理解を示しても、心底納得することはないと考えておいた方がいいですね。

例え自分が間違っていると気づいても、相手に納得させられることはありません。

それでは、どうすれば納得してもらえるのでしょう?
この答えも、自然の姿を見ていると本当によく分かります。

相手のすべてを受け入れてあげることですね。
批判や不平不満、相手の考えてることを、すべて受け入れてあげれば相手に気づいて欲しいところがはっきり見えてきますし、相手も気づきやすい状態になっています。

そっと、気づく方向にいざなってあげてください。

これが心の習慣として出来れば、コミュニケーションは驚くほどスムーズになりますね。

少し分かりやすいように、技術的なことですが、日常会話の中で考えてみましょうか。

相手の意見を、Noで受けたら、まず心を閉ざしますね。
Yes, butも、Noよりはましですが、大差はありません。
Yes, or、もっと言えば、Yes,yesで受けてあげること。

これが出来れば、本当に色んなことが見えてきます。

指導者や子育てをする親御さんには、大切な素養ですね。

これまでに紹介した、勝海舟さんの言葉です。

(浜本哲治)

東京都港区芝五丁目にある「江戸開城 西郷南洲・勝海舟会見之地」の碑(2018年3月29日撮影)Wikipediaより
東京都港区芝五丁目にある「江戸開城 西郷南洲・勝海舟会見之地」の碑(2018年3月29日撮影)Wikipediaより

LINEで送る