相田 みつをの名言 Mitsuo Aida

相田 みつを(Mitsuo Aida)Wikipediaより

私がこの世に生れてきたのは、私でなければできない仕事が何か一つこの世にあるからなのだ。
それが社会的に高いか低いか、そんなことは問題ではない。
その仕事が何であるかを見つけ、そのために精一杯の魂を打ち込んでゆくところに人間として生まれてきた意義と生きてゆくよろこびがあるのだ。

相田 みつを Mitsuo Aida

詩人 書家 1924〜1991


自分にしか出来ないことは何か?
それが必ずあるのだとしたら、これは見つけだしてやりたいですね。

そして周りの人のその人にしか出来ないこと。
これも見つけだす手伝いをしたいですね。

パートナーや子どもの才能を見つけ育んであげること。

多くの人がまだ見つけられていない、その人の天賦の才、天才。
社会環境の影響も大きいでしょう。
ただ、環境のいちばん身近なものがあなたである可能性もあります。

自分の都合で、せっかくの天才の芽を摘んでいませんか?
見栄や外聞で型にはめようとしていませんか?

あなたにとっても宝物であるかもしれませんが、その人の生涯の生き甲斐となることを、世の中の多くの人のためになるかもしれない才能の可能性を狭めないでください。摘まないでください。

自分自身にとっては、あなたの心が才能を育てる環境です。

限界を決めていませんか?
体裁を気にしていませんか?
どうにでもなることに縛られていませんか?

本当に、本当に、あなたは今のままで幸せですか?満足ですか?
あなたの大切な人もそう思っていますか?

今やっていることは、あなたにしか出来ないことでしょうか?
使命、天命と感じてることでしょうか?

あなたの。
大切な人の。
心は知っていますね。

これまでに紹介した相田みつをさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る