井上 ひさしの名言 Hisashi Inoue

井上 ひさし(Hisashi Inoue)Wikipediaより

難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く。

井上 ひさし Hisashi Inoue

小説家 劇作家 放送作家 1934〜2010


これは、夢や才能の追求にも言えることですし、それを伝える場合にも言えることでしょう。

今の人間界は、追求するにしても、伝えるにしても複雑に難しく考え、例えば専門用語などを多用して、表面的に難解にすることで、いわば自己満足している節もあります。

そのことをシンプルにして考えていけば、意外と簡単なことであったり、当たり前のことであったり、ということは本当に多いものです。

特に深く追求していくには、また本質に向けて追求していくには、どこまでもシンプルにしていくことが、追求が段違いに進むポイントですね。

伝えていくにしても、ただでさえ言葉で伝えるには限界があるわけですから、シンプルに余分なものは削ぎ落として、本質的なことだけを伝えていくことが、未来の子どもたちによってさらに、深く追求を進めていってもらうにも大切なことでしょう。

井上ひさしさんの、こんな言葉もありました。

一番大事なことは、自分にしか書けないことを、誰にでもわかる文章で書くということ。


自然界で本来目指すべき夢に向かっているとしたら、それは多くの人の幸せを実現すること、深い幸せを実現することのはずですから。

例えば、小学生にも理解できるように、シンプルに本質を捉え、説明できるようになっていなくては、その追求が進んでいるとは言えないでしょう。

唯一無二の個性を与えられている自然界では、必ず一人ひとりが、その人にしか到達できない領域があります。

一人ひとりがそこに到達していくことで、人間界、そして自然界は進化していくものです。

そして、どんな分野、領域でも、果てしなく追求できるものですから、後に続く人たち、未来の子どもたちに、できるだけバトンタッチできるような形にしていくことです。

100年前に当たり前に使われていた言葉でも、今では難解な言葉になっていることは多いですが、これは100年後にも言えることでしょう。

そうなる可能性は非常に高いですから、そうであるからこそシンプルに、易しく、そして深く、興味深いものにしておくことが大切ですね。

あなたの追求は、決してあなた一人では終わりません。
極めるということが、自然界にはありませんからね。

ぜひ、未来の子どもたちに届き、さらに追求を進められるように、遺していくことを常にイメージしてください。

(浜本哲治)

LINEで送る