岩合 光昭の名言 Mitsuaki Iwago

岩合 光昭(Mitsuaki Iwago)

写真に良いとか悪いとかはない。
心の琴線に触れるか、触れないかだけ。

岩合 光昭 Mitsuaki Iwago

動物写真家 1950〜


これは、様々な能力、作品などに言えることでしょう。

個性を、一人の価値観だけで良い悪いと決めつけてしまうことは、まさに可能性の芽を摘んでしまうことになります。

どんな愛も個性も、全ての人や存在に届くことはありません。
ただ必ずその才能、個性、愛を必要とする人や存在もいます。

心に届かなければ、そっとそのままにしておけばいいでしょう。

心に届いた愛や才能だけを、大切に活用させてもらえばいいですね。

才能や愛を届ける立場としては、思いっきり個性を発揮して、その愛、才能、個性が届く人に届け続けていくことです。

届かない人がいたとしても、全く気にすることはありませんね。

また、わざわざ非難してくれる人もいますが、それは裏返せば、同じ振幅で必要としてくれる人、心に届く人がいるということの証明と考えてもいいでしょう。

届く人が2割、届かない人が8割が自然界の自然ですから。

届かない人に遭遇して、いちいち立ち止まったり、個性や自分自身の追求したいと感じている、才能や愛の追求、探求を止めてしまうことは本当にもったいないことです。

深く愛や才能を磨き込み、洗練させ続けて、ひたすら届け続けていけば、必ず心に届く人、心から愛してくれる人、心から必要としてくれる人とは出逢えるものです。

どうぞあなたらしさ、個性、特性を、磨くことをあきらめないでください。

自然に本質に向かう研磨、洗練を手がけていけば、必ずあなたの素晴らしい才能、愛が、開花する瞬間は訪れます。

岩合光昭さんの、こんな言葉もありました。

僕の写真を見て、ここに行ってみたいと興味を持ってもらう。
そして、いずれ本当に訪ねてくれる。
それが一番の成功だと思う。


(浜本哲治)

LINEで送る