オジー・スミスの名言 Osborne Earl Smith

オジー・スミス(Osborne Earl Smith)Wikipediaより

神から授かった才能を
一生懸命に活かそうと努力してきた。

オジー・スミス Osborne Earl Smith

元メジャーリーガー 1954〜


誰もが、天賦の才を授かっています。

その才能を、どれだけ研ぎ澄ましていけるかが、
人生と言ってもいいでしょう。

ひとつの分野、領域であっても、
発揮できる才能、能力は無限にあります。
人の数だけあるものでしょう。

仮に、好きなこと、やりたいことでなくても、
そこで天賦の才を活かすことはできます。

また、誰もができることでも、
誰にもできない領域まで高めることも、
未知の、自分だけにしか開拓できない領域の、
能力にしていくこともできます。

それが、どんな才能、能力であっても、
誰にも真似できない境地にまで、
研ぎ澄ますことができれば、
必ず、あなたは余人をもって代え難い存在になります。

才能を伸ばしていくのには、
もちろん、好きなことをやるのがいちばんですが、
それよりも、今やっていることに、
得意や好きを取り入れていくことが、
確実に才能を伸ばし、本来の天賦の才を、
発見することにも繋がっていくでしょう。

何をやっているかより、
どんな、自分の才能を取り入れ、
クローズアップさせるかです。

得意をどこまでも磨き込んでいけば、
必ず、その能力で必要不可欠な存在になれます。

ここがもっと、レベルが高ければと考えて、
不得手なことを、伸ばそうとしがちですが、
簡単に伸ばせる能力であればいいのですが、
多くの場合は、その部分に多くの時間を取られてしまい、
得意としていることさえも、
パフォーマンスが低下してくるだけです。

その不得手なことにかける時間を、
得意なものを、さらに高めていくことで、
それに引き上げられる能力も出てきますし、
引き上げられない部分を、
補って余りあるレベルまで、
得意を高めていくことですね。

どうぞ、あなたに授けられた才能、
天賦の才を大切にしてください。

そして、その才能をどこまでも高めていってください。

一点の能力を、どこまで高められるかです。

常にこれにチャレンジしていくことで、
必ず道は拓けてきます。

(浜本哲治)


オジー・スミス 直筆サイン入り8x10フォト Jump Throwing