シドニィ・シェルダンの名言 Sidney Sheldon

シドニィ・シェルダン(Sidney Sheldon)Wikipediaより

あきらめるな。
あなたのやる気を削ぐ、
何にでも反対してくる人々が沢山いる。
彼らの言うことを聞いてはいけない。
あなたを諦めさせることが出きるのは、
あなただけだ。

シドニィ・シェルダン Sidney Sheldon

ユダヤ系アメリカ人の脚本家 小説家 1917〜2007


自然界での、個々の価値観の違い、多様性から考えれば、
反対をする人が多くなるのは、当然のことでしょう。

また、20:80の法則は、
ここでも発動しています。

そして、身近な人で、親身になればなるほど、
反対することが多くなるのも、
当然の帰結と言ってもいいでしょう。

心配するからこそ、知識や経験則で、
判断しようとするのは、致し方ないですね。

未知のことが、大丈夫と言える、
根拠や材料が揃うはずもありません。

自分では、全くコントロールできない、
自分以外の人がやろうとしていることですから、
心配しているほど、親身になっているほど、
反対するのは、人間界では当然の反応だと、
考えておいた方がいいですね。

こういうところから出てくる反対ですから、
反対や心配は、参考程度に聴いて、
諦めることの判断材料にすることはありません。

また、反対の人を説得しようとしても、
あまり意味はないでしょう。

未知の未来は、可能性があるだけですから、
上手くいく根拠も、上手くいかない根拠もありません。
実際にやってみなければわかりません。

そんな中で、説き伏せたとしても、
誰も心から納得はしないものです。

それよりも、自然界の原理などに、
気づいてもらうようにしていくことの方が、
未知の未来へのチャレンジには、効果的でしょう。

そして、他の人の言葉より、人間界の常識などより、
自然界のルールに沿えているかどうかを、
感じ、考えていくことの方が、
事を成していくには、より大切なことですね。

あなたが感じていること、
可能性にしても、自然に沿えているかも、
それが何よりも大切なことです。

もっともっと、あなたの能力、感性、脳を、
信じてあげてくださいね。

シェルダンさんの、こんな言葉もありました。

もし、…していたなら。
もし、…さえしなかったなら。
もし。なんと空しい二文字であろう。
未来は粘土のようなものだ。
日に日に形創られていく。
しかし、過去は岩である。変えることはできない。


(浜本哲治)


新超訳 ゲームの達人〈上〉