柴田 トヨの名言 Toyo Shibata

柴田 トヨ(Toyo Shibata)Wikipediaより

人生、いつだってこれから。
だれにも朝はかならずやってくる。

柴田 トヨ Toyo Shibata

詩人 1911〜2013


今がいちばん若い。
これは誰にでも言えることです。

過去は、たとえ一秒前のことであってももうどうすることもできません。

常に自然界で何かができるのは、目の前の今だけです。

仮に過去に戻ってやり直すことができたとしても、今の自分自身が変わらなければ、どんな選択肢を選びなおしたとしても、結果は大差のないことになるでしょう。

いつも、今、これからですね。
そしてすべては自分次第。

時間は止まりません。
それぞれの人の未来に向かって、一瞬も立ち止まることなく流れ続けていきます。

どんなに嬉しい瞬間でも、辛い瞬間でも、すぐに過去になってしまい次々に今が折り重なっていきます。

過去に囚われている暇もありません。
また、未だ来ぬ未来を夢見て、イメージすることは大切ですが、これも必要以上に囚われたり心配しても仕方ありませんね。

未来は、今の積み重ねで創っていくものですからね。

止まない雨はない。
明けない夜はない。

時間の流れに抗っても、飲み込まれてしまうだけです。

それよりも、自然のリズムのひとつである時間の流れ、エネルギーは上手に乗っていくことです。

未来をイメージした今を、どこまでも大切に生きてくださいね!

柴田さんの、こんな言葉もありました。

98歳でも恋はするのよ。
夢だってみるの。
雲にだって乗りたいわ。


いいことありますよ、悪いことばっかりじゃない。
確かにいいこともありますから、それで生きていく。


何か つれえことがあったら 母ちゃんを 思い出せ
誰かに あたっちゃあ だめだ あとで 自分が 嫌になる


私ね 人からやさしさを貰ったら心に貯金しておくの
さびしくなった時はそれを引き出して元気になる
あなたも 今から積んでおきなさい 年金よりいいわよ


もうすぐ百歳になる私 天国に行く日も 近いでしょう
その時は日射しとなり そよ風になって 皆様を応援します
これから 辛い日々が 続くでしょうが
朝はかならず やってきます くじけないで!


ねえ 不幸だなんて溜息をつかないで 陽射しやそよ風はえこひいきしない
夢は平等に見られるのよ 私 辛いことがあったけれど 生きていてよかった
あなたもくじけずに


(浜本哲治)


くじけないで


LINEで送る