茅野 亮の名言 Tasuku Chino

茅野 亮(Tasuku Chino)Amazonより

新規事業は失敗を恐れていてはできない。
手掛ける仕事の10分の1も成功すればいい。

茅野 亮 Tasuku Chino

ファミリーレストランすかいらーくの創業者の一人 1934〜2010


未知の未来に向かう時は、それがどんなチャレンジであれ100%上手くいく根拠はあり得ません。

自然界の法則として20:80の法則がありますから、人間の思考、感情的に上手くいくのは2割程度ということですね。

しかし、上手くいかない8割が失敗かと言えば、そうではありません。

樹々が実を実らせるのに、8割の枝には実はつきません。
咲いた花の8割は結実まで至りません。

だからといって、その8割が無駄であったかというと、そうではなく、むしろそれがあったからこそ2割の結実に至れたと言えます。

結実しなかった8割の枝や花を排除しては、結実はさらに残ったものの2割になるだけで、後退の循環に陥るだけですね。

8割の上手くいかないことがあるからこそ、2割が生まれると考えてください。

今年の結実には間に合いませんが、8割の上手くいかない体験が、必ず来年の結実に役立ちます。

今年の結実は、昨年の8割の上手くいかなかった経験があるからこそある2割です。

全てのチャレンジは、結実して、夢の実現へと繋がるために全てが上手くいっていることです。

チャレンジが増えれば増えるほどに結実は増え、夢に近づいていきます。

圧倒的な数のチャレンジを、ぜひ次々とこなしていってください。

茅野亮さんの、こんな言葉もありました。

要はいかに変化に対応するかです。
先見性というような格好いいものではなく、決断力という難しいものでもない。
血の小便を出すなんて絶対にしちゃいけません。
世の中の流れをよく見て、対応していくだけです。


過去は善、明日はよい事があると思っているから、くよくよしない。


過去はあっさりと捨て、消費者に受け入れられるものを作ることが最も大切なことです。


(浜本哲治)

LINEで送る