向井 千秋の名言 Chiaki Mukai

向井 千秋(Chiaki Mukai)Wikipediaより

人生を変えるきっかけっていうものは、日常茶飯事のいろいろなところに転がっていると思うんです。
転がっているのに気付くか、気付かないか。
気付いたときに取るのか、取らないのか。

向井 千秋 Chiaki Mukai

日本人女性初の宇宙飛行士 1952〜


チャンスやきっかけは、本当に目の前にたくさんあります。

そしてその多くは、チャンスですよ。きっかけですよ。というような素振りは見せずに、何気なく日常に紛れて通り過ぎていきます。

これを見逃さずに即座にキャッチできるか。
これが夢の実現や才能の開発に大きな影響を与えます。

またきっかけやチャンスは、誰かに与えられるものだけではなく、自ら見出していくこともできます。

溢れるほどの不自然さに支配されている人間界ですから、自然さを視点に持てば、才能を磨いたり発揮して行く方向、夢を実現していく、さらに良い道を見つけだすことも出来ます。

大きなチャンスや明らかに分かるきっかけは、それほど多くはないでしょう。

それを待っていたのでは夢への距離は縮まっていきません。

小さなチャンスやきっかけを、どれほど数多く掴んでいくかですね。

何気ない日常に埋もれているチャンスやきっかけは、それをチャンスと感じられるように、日頃から感性を研ぎ澄ましていくことが、夢を一途に見据えておくことで出来ます。

そして明暗を分けるのが、アクションの素早さですね。

幸運の女神の後ろ髪はない。と言われますが、ひとつのチャンスやきっかけは感じた時が最高のタイミングです。

チャンスは一度だけではなく何度でも目の前を通り過ぎていきますが、今目の前を通り過ぎようとしているチャンスと同じチャンスは二度とないでしょう。

また特に思考する時間を取って即座に掴めない場合は、準備不足だと言えますから、例え同じようなチャンスが訪れても、いつも掴み損ねることになります。

考えることは、チャンスを目の前にしてではなく、それ以前のチャレンジとしてやっておくことですね。

どうぞあなたの夢の実現や才能を開花させるチャンスには、瞬時に反応できるように常に準備万端でいてください。

夢の実現も、仮に今実現しても大丈夫なように準備しておくことが大切なチャレンジですね。

チャンスやきっかけも同じですね。

感じる心を研ぎ澄ましていくこと、即座に掴めるように準備しておくこと。

チャンスやきっかけを数多く掴まえて、夢への飛躍にしていってください!

(浜本哲治)

STS-95クルー(NASA提供、写真中央が向井)Wikipediaより
STS-95クルー(NASA提供、写真中央が向井)Wikipediaより

LINEで送る