オルダス・ハクスリーの名言 Aldous Leonard Huxley

オルダス・ハクスリー(Aldous Leonard Huxley)Wikipediaより

人生のあらゆる活動について効率的であるための秘密は、最大限に活動しながら、最大限にリラックスするということです。

オルダス・ハクスリー Aldous Leonard Huxley

イギリスの作家 1894〜1963


これは本当にあらゆる活動において言えることですね。
一見両立しそうにないことですが、実はこれがとっても大切なことです。
あなたの天才を発露させ続けることにも、能力を最大限に発揮することにも必要なことです。

今懸命にチャレンジしているのに、自分の能力が充分に発揮できていないと感じられているのであれば、心にも身体にも余計な力が入っているのだと思って間違いないでしょう。

自然体と力んだ状態との差を簡単に感じるには、金槌で釘を打ってみるといいですね。

同じ釘を打ち込むのに、ありったけの力を込めて金槌を握って打つのと、金槌がすっぽ抜けないくらいの力で握って打つのとでは、釘の打ち込まれ方には雲泥の差があります。

この金槌を目一杯力を込めて握るやり方を、日常生活のあらゆる場面でやっているケースがあります。

これは多くのアスリートも言ってることです。

カールルイスさんは「速く走るには、いかにリラックスするかだ」

アテネ五輪の柔道の金メダリストの阿武教子さんは「力を出すために、どれだけ力を抜けるか」

これは身体的な力を発揮する場面だけではありません。
心、精神的なことでも同じことが言えます。

緊張したり、ストレスで心、脳にも余計な力が入ってしまうものです。

力を発揮することを力を入れることと勘違いしている人は本当に多いものです。
また無意識にそうなってしまう場合もありますね。

自然体を創ること。
その第一歩は自然体でない状態を感じることです。

そして感じられたら金槌のことを思い出してみてください。

心も身体も意識して自然体を創ることは出来ます。

あなたの能力を最大に発揮する方法は、力を抜くことです。

これまでに紹介したオルダス・ハクスリーさんの言葉です。

(浜本哲治)

オルダス・ハクスリーの署名 Wikipediaより
オルダス・ハクスリーの署名 Wikipediaより

LINEで送る