池田 菊苗の名言 Kikunae Ikeda

池田 菊苗(Kikunae Ikeda)Wikipediaより

他人から吸収することで学んでばかりいると、自分からは積極的にものごとを考えなくなる。

池田 菊苗 Kikunae Ikeda

化学者 うま味成分 L-グルタミン酸ナトリウムの発見者 1864〜1936


これは思考領域においても言えることなのですが、潜在領域においても、まさにこの現象は起こってしまいます。

特に潜在領域の情報や知識、能力は、いかに自分の中からアウトプットしていくか、引き出していくかが最大のポイントになります。

潜在領域のインプットは、経験すれば、情報に触れていけば、どんどんインプットされていきますから、夢の実現に必要だと考えること、感じることにどんどん触れていくだけです。

大切なことは、あなたの中に蓄積されているものを、いかに脳内で融合させて、いかに引き出していくことができるかです。

行動、アクションなどを誰かに教えられる通りにやっているだけでは、あなたのオリジナルは永遠に出来上がっていきませんし、引き出されることもありません。

最小限の必要なことをインプットしたら、後はひたすらアウトプットして表現していくことです。
その表現したエネルギーに呼応して、さらに高いレベルの必要な情報や能力と出逢い、インプットされることになります。

もちろん、初めのアクション、チャレンジなどはぎこちなく、いきなりハイレベルなパフォーマンスなどはできないでしょうが、少しでも多くの潜在領域の情報、能力をアウトプットし続けることで、能力の進化はもちろんですが、新たなインプットと出逢い、潜在領域の成長、進化のスパイラルに入って行けます。

アスリートの身体を作るトレーニングなどでも、トレーニング中の呼吸が大切なのですが、吸って吐く呼吸ですが、トレーニングを効果的に進めていくには、吐くことだけを意識していれば自然と吸うことになります。
トレーニングでは、息を止めることが、効果的なトレーニングの妨げになります。

このメカニズムは、効果的な能力のインプットとアウトプットにも言えることです。

あなたの脳の潜在領域は、あなたが考えている以上に、多くの情報や知識、能力をすでに多くインプットしています。

それを、どんどん引き出そうとチャレンジし続けることです。
潜在領域の情報や能力が、少しでも引き出せてくると、その引き出された能力、パフォーマンスが起因して、新たなインプットされる情報や能力も入ってきます。

あなたの中にしか、あなたにしか表現できない能力はありません。

(浜本哲治)


「うま味」を発見した男-小説・池田菊苗(電子書籍)


LINEで送る