アルフォンス・ド・ラマルティーヌの名言
Alphonse de Lamartine

/upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/99/Alphonse_de_Lamartine_1.jpg/1024px-Alphonse_de_Lamartine_1.jpg

友愛は祖国を持たない。

アルフォンス・ド・ラマルティーヌ
Alphonse de Lamartine

フランスの詩人 著作家 政治家 1790〜1869


人間界は、どうしてこうも、
自分のためのことばかりを主張してしまうのでしょう。

まるで、何かに取り憑かれたようにさえ感じてしまいます。

人間も含めて、自然界の存在は、
その根源は同じところにあります。

すべての存在は繋がっています。

感情で好き嫌いはあっても、
そんなことにも関係なく繋がっています。

これは、人間を、すべての物質なども含めて、
ミクロに、単純に思考で考えていってもわかることでしょう。

どんな存在も、小さく分解していったら、どこにたどり着くか。

例えば、ひとつの物質を半分、半分とどんどん小さくしていくと、
必ず、人間の科学で認識できている領域を超えてきます。

それでも、元々あったものが、無になることはありませんね。
そこに存在するけど、人間には検知できない存在が、
確実にあることは、誰にでもわかることでしょう。

それを、さらに細かくしていって、
どこまで小さくしていっても、無くなることのない存在として あります。

それらを、それぞれの分野で呼び方などは違いますが、
私はエネルギーと呼んでいますが、
物質も意識も、すべてはエネルギーの存在で、
同じところから、様々に分岐して発生しています。

ひとつのエネルギーの塊の中で、
それぞれが存在しているだけです。

そんな、自然界、人間界なのですから、
ここからこっちが自分のものだの、
自分と考え方が違う人や存在は、排除するだの、
そんなことは、自分自身を排除したり、
分けてしまっているのと同じことです。

そろそろ人間も、今までの次元の発想から、
少し進化していくべきでしょう。

人間界全体の進化は、
個々の進化があってこそ、実現するものです。
全体が動いてから、追従する個はあっても、
その全体が動くのは、まさに2割の個の変化によるものです。

人間同士でいがみ合い、傷つけあっているだけで、
人間がやっていることは、自己中心的な発想の社会ですから、
自然界のバランスが、突然崩れかなない状況まで、
人間は気づかないふりをして、来ています。

温暖化、寒冷化など、どちらにしても、
いったんわずかなバランスが崩れてしまったら、
人間は為す術もなくなります。

人間同士で、いさかいをしている場合ではありませんね。

どうぞ、あなたの才能には、
自然界の根源を知り、感じながら、
磨き込んでいく方向を見極めてください。

自分以外の人は、自分でさえ自分のことが
よくわかっていないのが人間です。
無限の可能性のある才能、能力でさえ、
理解できていない人が、大多数の中で、
自分以外の人のことがわからなかったり、
自分とは違う価値観などを持っているのは、
ごくごく当たり前のことです。

自然界の法則の中で、
そういう存在同士が、どうすれば共生できるのか。
非常にシンプルで簡単なことです。

そんなことで、進化を遅らせていては、
人間界の未来に希望を持ったり、
未来の子どもたちに遺せる人間界になっていきませんね。

友情、愛情には国境はありません。
みんなひとつであることを、ぜひ、自然界の常識、当たり前として、
実感して、実践していってください。

(浜本哲治)


フランス文壇史


アルフォンス・ド・ラマルティーヌの署名 Wikipediaより
アルフォンス・ド・ラマルティーヌの署名 Wikipediaより