ウィリアム・ヒューレットの名言
William Redington Hewlett

ウィリアム・ヒューレット(William Redington Hewlett)Wikipediaより

世界は変えられると信じなくてはならない。

ウィリアム・ヒューレット William Redington Hewlett

ヒューレット・パッカードの共同創業者 1913〜2001


自然界、人間界の今も未来も、今に生を与えられている自分にしか創っていけないことを、もっともっと認識、自覚した方がいいでしょう。

そして自然界、人間界の現状に、自分の言動、一挙手一投足が大きく貢献していること、環境や世界が自分自身の投影であることも認識していくことが大切ですね。

自分自身を変えることと、世界を変えることは全く同じです。

自分自身が変わることなく、世界を変えることはできません。

そして変えられないと思ってしまえば、それが全てをコントロールできる、自分のことでさえ変えられなくなるのと同じで、変えられないと思った世界を変えられることはまずあり得ません。

自分自身、そして身の周りの環境を、変えたいと思えば変えられると思うこと。
まずは思いから始まります。

あなたの身の周りの環境は、間違いなくあなたの思いの投影であることは、明らかなこととして感じられるでしょう。

世界を変えていくことも原理はこれと同じです。

変えたい身の周り環境があれば、まずは自分自身を変えることでしか、自分でコントロールできない他の人の思いもありますから、変えていくことはできません。

そして身の周りが変わらないことには、世界が変わっていくことはないでしょう。

今すぐ一瞬で世界が魔法のように変わることはあり得なくても、自分自身を変え、身の周りを変え続けていけば、いつか一瞬で世界が変わる瞬間が訪れることは充分に考えられることです。

そして変える方向は、自然の理にかなった方向に変えていくことが、最も確実で早く劇的に変わっていくことになっていくでしょう。

あなたに授けられた才能は、あなたを創り、環境を創り、世界を創るためにあります。

今すぐに世界が変わらなくても、時のエネルギーに乗せることを考えていけば、遠い未来に変えることも充分に可能なことです。

横に広がらなくても、縦に深く浸透していくエネルギーにしていくこともできることですからね。

せっかく授かった時と才能を存分に活かして、あなたにしかできない素晴らしい世界をぜひ創っていってください。

才能と時を与えられるということは、そのチャンスをいただけるということです。

世界を変えることができるかできないかではなく、やるかやらないかだけの問題です。
あなたの素晴らしい才能で大いにチャレンジしてください。

(浜本哲治)

ウィリアム・ヒューレット(左)とアラン・トリップ(右)1993年 Wikipediaより
ウィリアム・ヒューレット(左)とアラン・トリップ(右)1993年 Wikipediaより

LINEで送る