伊藤 東涯の名言 Tougai Ito

伊藤 東涯(Tougai Ito)Wikipediaより

学をなすに三要あり。
志(し)なり、勤(きん)なり、好(こう)なり。

伊藤 東涯 Tougai Ito

江戸時代中期の儒学者 1670〜1736


学問の成果を上げる三要素がある。
志を持つこと。
勤勉であること。
好きであること。

というような意味ですね。

これは学問に限らず、全てのチャレンジに必要不可欠な三つですね。

特に目指すもの、夢、志を明確に持つことは何よりも大切なことでしょう。

伊藤東涯さんの、こんな言葉もありました。

学問をするには、必ず一定不変の志がなくてはならぬ。
なんら定まった志がなく、今日はこの書(書籍)明日はあの書と、手当たり次第に書を読んだのでは、舵のない船が波に任せて、どこへ行きつくかわかったものでない。


夢が大切と言われて久しく、夢を意識する人は多いのですが、その夢が明確でなかったり、自然界で本来目指すべきものではないことも多いですね。

目指すものが本来の夢でなく、手段や結果として起こる現象を目指すことは、明確でない夢を目指すことより、夢を持っていなことに近いかもしれませんね。

それで夢を実現させることは難しいと、苦しんでいるケースは多いものです。

一心に、懸命にチャレンジしても、目指すものが自然に沿って明確でなければ、一向に目指すものには近づいていきません。

また、好きなことをやっていても、やはり目指すものが確立していないと、事を成し遂げるところまで辿りつけないでしょう。

明確な到達点一点があるからこそ、好きなことも勤勉さも活かされるものです。

ぜひ自然界で目指すべき夢を、しっかりと把握して、鮮明に、明確にしていってください。

自然界で目指すべき夢は、どれほどの人に、あなたの才能、能力で、またそれが生み出す愛で幸せを届けるかです。

そこに向けてチャレンジしていれば、結果は必ずついてきます。

人生の時間には限りがありますから、その時点までに、どこに辿り着きたいのか。

人生の夢を、ぜひ明確にしていってください。
そして、夢も常に進化させていってください。

あなたの素晴らしい才能は、本来の夢を明確に授けてあげると、どんどん本領を発揮していきますよ!

(浜本哲治)

LINEで送る