ビョルンスティエルネ・ビョルンソンの名言 Bjørnstjerne Bjørnson

ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(Bjørnstjerne Bjørnson)Wikipediaより

頭(こうべ)を上げよ、雄々しき児(こ)。
たとえ一つや二つの望みが砕けようと、
じきに新しい望みがお前の目をまたたかせて、
あの高みから光がさしてくる。

ビョルンスティエルネ・ビョルンソン Bjørnstjerne Bjørnson

ノルウェーの作家 ノーベル文学賞受賞 1832〜1910


何が起こっても大丈夫です。

自然界で本来目指すべき夢をターゲットにして、
目指しチャレンジしていれば、
必ず、そこに辿り着ける出逢いはあります。

夢も尽きることのない、
才能の追求にも終わりのない自然界では、
望みももちろん、尽きることはありません。

まさに、ひとつふたつ果てたとしても、
無限に可能性のある望みは現れてきます。

ひとつふたつの望みを逃したからと言って、
いつまでも、それに意識を向けたり、
囚われていてはいけませんね。

自然界のリズムでは、波状、スパイラル状に
リズムが押し寄せてきますから、
例えば、上手くいかないことが続いている時は、
浮上する直前と考えた方が確実に、
波を捉えられることになりますね。

もし目の前を日々たくさん通り過ぎる、
チャンスたちを見ているとして、
捉えそこねて、逃したチャンスを、
視線、意識で追っているとすると、
そのすぐ後に、連なっている、大きなチャンスさえ、
気づいた時には、手の届かないところに去ってしまっていた、
というようなことは、よくあることですね。

チャンスを逃した!
どうしてこんなにガンバっているのに。。。
という風に感じた時こそ、
その直後に潜む可能性の大きな、
大きなチャンスを、目を皿のようにして、
心を研ぎ澄まして見つけようとすることです。

逃してしまったものは、もうどうにもなりませんから、
大切な瞬間は、その直後です。

自然のリズムを、上手に捕まえるコツでもありますね。
逃したものばかりを目や心で追っていると、
いつまでもリズム、波に乗れずに、
ストレスばかりを抱えることになります。

自然界のリズム、波の特性を、
ぜひ把握、体感していってくださいね。

ビョルンソンさんの、一連のこの言葉の中には、
こんな言葉もありました。

頭(こうべ)を上げよ、なぜならお前自身の中に、
限りない青空がひろがっている。
そこでは竪琴(たてごごと)がひびき、
歓喜して音をたて、揺れている。


可能性は、常にあなたの中に無限にあります。
これも、自然界の産物である、人間の脳の、
素晴らしいメカニズムから、間違いなく言えることです。

そのことも、ぜひ感じ、引き出していってください。

才能、能力などは、顕在化しているものは、
僅かなものですから、その能力の大小に囚われていても、
あまり意味のないことです。

その奥にある、未知の能力、潜在的な能力を引き出していけば、
顕在化している能力などは、
あっという間に凌駕してしまうほどの、
小さな差、違いに過ぎません。

最大の能力、才能は、
あなたの中の無限の能力、可能性を、
感じ、信じられることですね。

(浜本哲治)


鷲の巣