エミール=オーギュスト・シャルティエの名言 Emile-Auguste Chartier

エミール=オーギュスト・シャルティエ(Emile-Auguste Chartier)Wikipediaより

幸せだから笑っているのではない。
むしろ僕は、笑うから幸せなのだ。

エミール=オーギュスト・シャルティエ Emile-Auguste Chartier

フランスの哲学者 評論家 モラリスト ペンネーム「アラン(Alain)」1868〜1951


人間界は、特に現代人は、
他に依存し過ぎる傾向にありますから、
主体的に、自らが環境を創っているというより、
環境や他があってこそ、自分の状況が決まってくると考えています。

もちろん、自然界は一人では生きていけませんから、
他との兼ね合い、協調なくしては、
生かされることはありませんが。

自然界の本来の協調は、
自らアクションを起こして、他に貢献できてこそ、
自分が生かされるという関係です。

最初の段階は、例えば植物たちも、
環境に育まれて、芽吹くことができますが、
それ以降は、愛を届けるからこそ、
愛を与えられて、生かされていくことになります。

依存が強すぎる、我欲が強すぎる人間界では、
自然界のこの自然な循環が、起こりづらい、
状況を自ら創りだしてしまっているところがありますね。

幸せを感じるのは、
幸せを感じることが起こるから幸せなのではなく、
幸せだと感じているから、幸せを感じられることが、
次々と起こっていくものです。

アランさんの、こんな言葉もありました。

成功して満足するのではない。
満足していたから成功したのである。


事の成就を成し遂げていくにも、
難しいと考えることが多くなるほどに、
実現は困難を極めることになります。

難しいなどと考える前に、
まずやってみることです。
そして、必要だと実感したことであれば、
できるまでやれば、必ずできるようになるものですね。

何事も、出来ない、難しいと思うから、
出来ないのであって。
そのことは、心身の健康にも如実に現れてきます。

健康も含め、あらゆる事の成就、成功は、
成功しようとするよりも、事を成し遂げようと、
力を込めていくよりも、
事が自然に成っていく原因を、
実現するまで淡々と重ねていくことです。

また、アランさんのこんな言葉もありました。

つまらぬ本を百冊読むよりは、
優れた本を百回読む方が、はるかにためになる。


事の成就、夢の実現の根源は、
それがどんなことであれ、同じところにあります。

人が違えば、やり方が違ってくるような、
表面的な、テクニックのようなことを、
いくら学んでも、あまり活かすことはできないでしょう。

本来学ぶべきことは、本質です。

そして、非常にシンプルな本質ですが、
そのシンプルを極めていこうとすると、
どこまでも奥深いものになりますから、
常に、何度も何度も日々の実践の中で、
繰り返し学び、チャレンジしていくことです。

どうぞ、幸せの、成功の、そして学びの、
自然界の本質を、しっかりと把握してください。

追求していく方向は、本質、根源の方向です。

(浜本哲治)


アランの幸福論 Propos sur le bonheur


アランが1917年から1951年住んでいた家。Wikipediaより
アランが1917年から1951年住んでいた家 Wikipediaより