アラン・シャペルの名言 Alain Chapel

アラン・シャペル(Alain Chapel)

素材の持ち味を大切に、
何を食べているかわかる料理を。

アラン・シャペル Alain Chapel

フランス料理界の巨匠 1937〜1990


これは、料理人に限らず、
あらゆる才能、愛に言えることでしょう。

素材の味がわからないようになってしまうことは、
自分らしさが失われているということですから、
本当に価値のあることとは、程遠いものになるでしょう。

どんな中にあっても、あなたの個性は失わないようにしてください。

没個性にしてしまうのではなく、
個性を活かす方法を考え、感じてください。

環境に流されて、安易に個性を潰してしまうことは、
楽で、簡単といえば簡単なことですが。

それでは、せっかくの人生がもったいないですね。

どんなことの中にも、あなたの個性を活かす道は、
必ずありますから、楽な道ではないかもしれませんが、
その道を進むことにチャレンジしてください。

それが、後々にあらゆる面で生きてきます。

子どもや後輩たちを見守る場合にも、
まず、それぞれの個性を活かすことを考え、感じてください。

たとえ子どもであっても、親とは違う個性を持っていますから、
価値観や風習、習慣を安易に押し付けることは、
可能性の芽を摘んでしまうことになります。

形や人間界の基本、普通、常識に囚われることなく、
まず、いかに個性を活かす道を見つけられるか、
これが、見守っていく立場に大切なことですね。

植物たちは、いかに型にはめようとしても、
囚われることなく、平気で個性を発揮してきますが、
人間の場合は、囚われが多くなるばかりで、
個性がどんどん失われてきますから、
いかに、囚われを手放させるかも大切なことになりますね。

素材の味を最大に引き出すこと。
これは、自分自身にも、見守り育む人や環境にも、
ぜひ、最大限活用してください。

きっと、あなたの周りには、
才能あふれる人たちが集まってきますよ!

個性的な、レベルの高い才能の中にいてこそ、
自分自身の才能も、どこまでも高められるものですね!

(浜本哲治)


魂の伝承─アラン・シャペルの弟子たち