アルフレッド・ビネーの名言 Alfred Binet

/upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4f/Alfred_Binet.jpg/1024px-Alfred_Binet.jpg

人間は一人一人が特殊なのだ。

アルフレッド・ビネー Alfred Binet

フランスの心理学者 1857〜1911


人間も含め、自然界の全ての存在に個性があり、
一人ひとり、全ての人が特別、特殊です。

こういう中で、平均値、最大公約数を持って、
普通や常識として、そのことで仲間意識を持ったり、
排除したりすることは、とても不自然なことで、
ナンセンスと言ってもいいでしょう。

全ての人、存在の価値観も違えば、
持っている基準も違って当たり前です。

その価値観、基準に合わなければ、
交わらなければいいだけで、
よもや相手を変えようとすることなどは、
愚の骨頂になりますから、やめた方がいいでしょう。

どうしても、交わる必要があれば、
それぞれの個性や特殊性を、認め、受け入れ、
それぞれの幸せのために活かすことを、
愉しんで考え、感じていくことでしょう。

それぞれが、特別で特殊な自然界では、
その個性、特性を変えることは、
まず不可能なことですから、
自分自身が変わる。というより、
包み込んでいくことが大切でしょう。

多くの場合、人は自分が「普通」と考えているかもしれません。

ただ、普通という定義も曖昧であって、
それが最大公約数だと思っているだけで、
実は、そうではないことばかりと言ってもいいでしょう。

いっそのこと、自分は普通ではないと、
自覚してしまった方が、どれほど自然になれるかわかりませんね。

自分も、他の全ての人も、
みんな特別で、特殊な人です。
ひとりとして同じ人はいません。

その特別、特殊の個性を認め合って、
活かしあえる世の中に、人間界も、
そろそろ次元上昇したいですね。

人間界全体の次元、レベル上昇は、
一人ひとりのアップで実現していきます。
それが、なければ上昇はできません。

人間界の全ての問題は、
すべてあなたの中にあります。

ぜひ、それを自覚して、
特別なあなたの、特別な才能、能力を、
存分に活かして、人間界の進化に役立ててください。

(浜本哲治)

新しい児童観 (1961年) (世界教育学選集〈第20〉)

新しい児童観 (1961年) (世界教育学選集〈第20〉)