エティ・ヒレスムの名言 Etty Hillesum

エティ・ヒレスム(Etty Hillesum)Wikipediaより

人生において事実は、
本当の意味で重要ではありません。
事実を通して人がどういう人間になったかだけが、
重要なのです。

エティ・ヒレスム Etty Hillesum

オランダ系のユダヤ人作家 アウシュビッツで亡くなる 1914~1943


日々、遭遇する出来事の、
その出来事自体には、あまり意味はありません。

その出来事が起こった真意が大切で、
その真意を感じ取り、アクションに活かせてこそ、
真に意味、価値が出てくることになります。

しかし、多くの場合、その出来事自体に囚われ、
また、その出来事に対して起こった感情に囚われ、
振り回されていることが多くなっていますね。

出来事そのものや、感情へのフォーカスを、
いち早く手放すことができれば、
人間は、もっともっと速く進化していけますし、
事をどんどん成就していくことができます。

そして、現象の真意、本質を、
感じ取る能力が高まっていけば、
夢や目指す地点への、最短距離が見えてきます。

また、この能力が高まっていくことは、
潜在能力を引き出すことにも繋がっていきます。

本来、現象の真意などは、
人間の潜在脳はしっかりキャッチしていますが、
思考や思考の産物である感情に妨げられたりして、
なかなか、その感じ取っていることを、
思考で理解できなくなっています。

感じ取るということは、
感じ取っていることを、
引き出し、理解することと考えてもいいでしょう。

すでにある、潜在能力を引き出すのと、
同じことですね。

ヒレスムさんの、こんな言葉もありました。

何かに慣れるのと、
何かを感じなくなるのとは別のことだ。


人間は、慣れてくると、
思考を働かせることなく、
アクションを起こせるようになったり、
どんなに嬉しいことや、悲しいことでも、
刺激に麻痺してしまいますが。

思考を手放すと同時に、
感じることも手放してしまうケースが多くなり、
自ら、脳に刺激を与えることをせずに、
進化に進んでいけないことも多くなっています。

思考は手放しても、思感は手放さないこと。

これは、ぜひ意識してください。

現象には必ず原因があり、その真意があります。

ぜひ、深く感じ取ってください。

(浜本哲治)

生きることの意味を求めて―エティの手紙

生きることの意味を求めて―エティの手紙