ゲルト・ミュラーの名言 Gerd Müller

ゲルト・ミュラー(Gerd Müller)Wikipediaより

重要なのは、ボールがゴールラインを越えることだ。

ゲルト・ミュラー Gerd Müller

西ドイツの元サッカー選手 1945〜


この言葉は2006年にインタビューでゴールのコツを聞かれた時の言葉のようです。

どんな分野の、どんな才能でも、それを極めようとしていくには限りなくシンプルに考え、感じていくことです。

人間界では目指す夢などが象徴的ですが、手段を目指したり、手段に囚われこだわる傾向から、手段に固執して結果を引き出せない状態に陥っているケースが多くなっています。

例えば、異次元の美しさを魅せられれば、その手段や過程に魅了されてしまうのは理解できることですが、そこの美しさ、洗練は当たり前のレベルを高めていけば自然に実現していくことで、そこから入っていくことは非常に複雑なことをさらに難しくしていくようなものです。

目指すものがあれば、まずは形がどうであれ、そこに辿り着けることが大切です。

そこからどんどん洗練させていけばいいでしょう。

植物たちは花を咲かせられなければ洗練も何もありません。

いくら花を咲かせるまでの過程が美しくても、花が咲かないのでは夢の実現も一向に近づいてはきません。

まずもっとも大切なことをシンプルに実現できる方法を見つけてください。
そこにはきっと個性が見いだせるでしょう。

その実現のより高いレベルでの追求をしていけば、多くの人を魅了できる、洗練された美しさが溢れ出てくることになっていきます。

あなたの素晴らしい才能は自然界のメカニズム同様に、シンプルさの中で最大の輝きを放っていきます。

ぜひシンプルな追求を常に心がけてください。

ゲルト・ミュラーさんのこんな言葉もありました。

得点するコツ?
チャンスだと思ったらエゴイストに徹することだ。


動きすぎないこと。
周りが動いているときは止まり、周りが止まっているときに動くんだ。
(ゴールの極意を聞かれた時の答え)




これまでに紹介したゲルト・ミュラーさんの言葉です。

(浜本哲治)

1974 FIFAワールドカップの表彰式後のミュラー(右)。左はヴォルフガング・オヴェラート。Wikipediaより
1974 FIFAワールドカップの表彰式後のミュラー(右)。左はヴォルフガング・オヴェラート。Wikipediaより

LINEで送る