金子 直吉の名言 Naokichi Kaneko

金子 直吉(Naokichi Kaneko)Wikipediaより

事業は、鉱山で金を掘るようなものである。
どこまでも堀り続けねばならない。
そうすれば金が出なくても、最後には温泉ぐらいは出てくるであろう。

金子 直吉 Naokichi Kaneko

鈴木商店の「大番頭」財界のナポレオン 1866〜1944


個々の人生も、一大事業ですね。
すべての責任を自らに託され、どんな事業にしていくかも、一人ひとりの意思に任されています。

そしてその事業には、ゴールも、果てもありません。
与えられた時間内に、どこまで追求できるかだけです。

与えられた天賦の才を、自然に沿って、どこまでも掘り下げていけば、必ず、そこには金脈があります。
個性や好き、得意などの才能を授かるには、それなりの意味が必ずありますからね。

ただ、どんなに好きなこと、得意なことであっても、自然に逆行したり、外れたりしていると、温泉にもたどり着けないかもしれません。

また、金脈でも、温泉でもそうでしょうが、同じ場所に留まっていては、いつか必ず、その資源は枯渇していきます。

人生の事業、才能なども同じですね。
どんどん掘り進んでいかなければ、後退してしまうだけですね。

自然界での本来の事業の成功、金脈の掘り当て、夢の実現は、必ず成就していくものです。

このことからも、誰もが、その気になれば、金脈に必ず辿り着けるものです。

自然界の本来の夢は、実現しないということがあり得ないことですからね。

自然に沿うということは、こういう自然界の本質をしっかりと、把握しておくことも含まれるでしょう。

あなたに授けられた才能で、必ず実現できる夢には、無限の奥行きがあります。

ぜひ、どこまでも深く掘り下げていくことを決断して、日々チャレンジしていってください。

人生の一大事業である、あなた自身の夢を実現していくことを、追求していくこと以上に、愉しく、充実した日々を創っていけることは、他にはないでしょう。

100%あなた次第の、夢の実現です。
ぜひ、できるだけ高みにたどり着いて、そこからしか見えない景色を見てください。

(浜本哲治)

LINEで送る