ジョシュ・ビリングスの名言 Josh Billings

ジョシュ・ビリングス(Josh Billings)Wikipediaより

もっとも難しいのは、
自分ができるはずの最善を尽くすことである。

ジョシュ・ビリングス Josh Billings

米国のユーモア作家 1818~1885


今の人間界は、誘惑というか、
気を散らされることには事欠かない状況にあって、
本来やるべきことに、集中することが難しくなっています。

当たり前のことを、当たり前にやり続けることを、
自分自身で難しい状況にしていて、
自分にできないことを、無理をしてやろうとして、
あらゆる事の成就を難しくしています。

もっと、シンプルに考え、シンプルに集中していくことです。

どんな道を通っても、
自然に沿って追求していけば、
自然界の本質にたどり着け、
その追求していることで、
生きていけるのが自然界です。

ビリングスさんの、こんな言葉もありました。

郵便切手のようでありなさい。
そこに行き着くまで
ひとつのことに張り付いていなさい。


まさに、一点集中で、
できるだけ遠くへ、高く、深く探求していくことです。

それでこそ、レベルの高い視界は拓けてくるものです。
今いるレベルで、いくら世界を広げようとしても、
そのレベルでしか広がっていきません。

風景の違う世界が拓けてくるのは、
どんな小さな一点でも、
高く、遠く、深く辿り着いたところからです。

できること、当たり前のことを、
当たり前にやり続けることは、
本来、難しいことではありません。

自分にできないことをやろうとするより、
遥かに簡単なことでしょう。

それを難しいことにして、
さらに難しいことをやろうとしては、
不自然なストレスに苛まれることは、明らかですね。

植物たちは、決して無理や難しいことはしません。
ただ、チャレンジはし続けていますから、
最高の花や実を付け、それを多くの存在に届ける、
夢を確実に実現していきます。

夢の実現、能力の開発を、
難しいこと、不可能に近いことにしてしまうのは、
いつも自分自身です。

できることをひたすら重ねていき、
できなかった領域に届く、育み方を身につけてくださいね。

それが、あなたの素晴らしい才能が、
最高に応えてくれるチャレンジです。

(浜本哲治)


Josh Billings' Old Farmer's Allminax 1870-1879, with Comic Illustrations (English Edition)