チャールズ・スポルジョンの名言 Charles Haddon Spurgeon

チャールズ・スポルジョン(Charles Haddon Spurgeon)Wikipediaより

人間の幸福においては、
どれだけ沢山のものを持っているかよりも
持っている物をどんな風に楽しむかの方が
はるかに重要な事である。

チャールズ・スポルジョン Charles Haddon Spurgeon

イギリスの著名なバプテスト派の牧師 伝道者 説教者 1834〜1892


何かを得ること、どこかにたどり着くことで、
幸せに満たされるという幻想を抱いている人は、
人間界では、まだまだ多いですね。

この幻想を手放せた時に、
ワンステップ進化が実現していくでしょう。

自然界のすべての存在が、
人間もそうですが、
どれだけモノをかき集めても、
それで満足することはあり得ません。

それが自然界の欲だからですね。

必ず、もっともっと。
ということになってしまいます。

欲は決して悪いものではありませんが、
そのエネルギーを、どこに、何に向けるかが、
大事なことになりますね。

幸せを実感できるのは、
目の前の今しかありませんが、
その今に、最高の幸せを感じていくには、
未来に実現したい夢にチャレンジしていく、
今にしていくことですが。

夢の実現に向かった今とは、
与えられたものをいかに、
誰かの幸せのために活用していけるかです。

夢の実現が、大切な人の幸せを、
届ける愛で、実現していくことですからね。

与えられたものを、自分のためだけに、
活用していたのでは、
愛が循環することもなくなり、
先細りになっていくことは明白です。

自分以外の、大切な人や存在のために使ってこそ、
愛が循環していき、永続的に幸せを感じられる、
人生になっていくことになります。

まだまだ、人間界が進んでいる方向は、
モノなどをもっともっと追求していく方向ですが、
その先には、幸せなどないことに気づいて、
ぜひ、あなたからその追求は手放して、
真に幸せを感じられる毎日を、実践していってください。

個々の気づきと実践が増えていけば、
人間界全体の流れも、必ず変わっていきます。

スポルジョンさんの、こんな言葉もありました。

自分の名を大理石にではなく、
人々の心に刻み込もう。


ノーと言う事を学べ。


(浜本哲治)


ただ恵みによって