髙田 明の名言 Akira Takata

髙田 明(Akira Takata)

夢を持ち続け、日々精進。
いま目の前にある状況を受け入れて最善の努力をし、それを乗り越えていく。
そのひとつひとつの積み上げが夢へとつながっていく。

髙田 明 Akira Takata

ジャパネットたかたの創業者 1948〜


髙田明さんの、こんな言葉もありました。

今を生きなくては未来はない。


夢を持つことは、自然界の人生を充実させるためには、まず何よりも大切なもので、必要不可欠なものですね。

その夢を目指して、チャレンジしていく今の中に幸せはあります。

幸せは、どこかに辿り着くことで感じられるものではなく、目の前の今の中にしかないのですが。

あてもなくただ漂流しているだけの、今の中には幸せは見えてこないでしょう。

そういう今ばかりを体験していると、未来のどこかに幸せがあるとか、どこかに辿り着けば幸せになれるというような妄想を抱くことになりますね。

また、目指す夢が自然界での真の夢になっていることも、今を生きること、大切にすること、幸せを感じることに繋がってきます。

手段や過程、与えられる結果を目指すようなことを、夢を目指すことと勘違いしないことです。

そして夢への最速、最短の道は、休むことなくチャレンジを積み上げていくことです。

日々の積み重ね以上に、成果や進化を生み出せるものはありません。

人間界の現代社会では、表面的な小手先の技術で、それも真の夢ではない形だけの夢が実現していくようなことが多く流布されていますが。

これほど脆く、砂上の楼閣のような事の成就はありませんし、そこには幸せを感じることとはほど遠い不自然なストレスしか感じられないでしょう。

あなたの素晴らしい才能には、自然界の自然なもの、まがい物ではなく本物を授けてあげてください。

夢、チャレンジなど本物を授けてあげるほどに、あなたの才能は本領を発揮してくれます。

才能がないのではなく、才能に本物を授けられずに、能力がないと嘆いているケースは本当に多いですね。

髙田明さんの、こんな言葉もありました。

人間の一生は一回限り。
人生をどう生きるか、どう死ぬかは自分次第です。


瞬間瞬間をいかに全力投球できるかという精神を持てば必ず苦難を乗り越えられる。


危機が自分への試練だと思えば何にも辛くない。
それに向かって行っているうちにいつの間にか乗り越えている自分がいる。


現実を直視し、現実を受け入れないと、危機は乗り越えられない。


何事も熱意や情熱、思いの強さが重要です。
人生の全てに通じている。


ビジネスも人生もうまくいかないこともありますが
「やる!」と決め、信じてやり続ければ必ず成功する。


(浜本哲治)

LINEで送る