徳冨 蘆花の名言 Roka Tokutomi

徳冨 蘆花(Roka Tokutomi)Wikipediaより

欠点は常に裏から見た長所である。

徳冨 蘆花 Roka Tokutomi

小説家 1868~1927


長所も欠点も、見る人が違えばどちらにもなり得るものです。

自分が欠点だと思い込んでいることも、大切な人にとってはなくてはならない長所かもしれません。

また逆もあり得ることですね。

たとえどんなに優れた能力であっても、全ての人に受け入れられることはありません。

また、自分を全ての人に受け入れてもらえるようにしていくことで、個性の希薄なものになったり、そういう部分が短所だと言う人は必ず現れてきます。

全ての人に受け入れられることは、所詮ないことなのですから、自分が感じる長所、個性をひたすら伸ばして、自分を必要としてくれる人に、その人の幸せのために精一杯届けていくことです。

それで誰かに何かを言われたとしても、その人には受け入れてもらえないだけですから、気にすることはありません。

必要としてくれる人はたった今のこの瞬間にも、たくさんの人がこの地球上にいます。

そういう人に、あなたの愛や才能が届いていくようにチャレンジしていくことですね。

また、欠点がいつ最大の長所になるかもしれません。
進化の過程で、そうなっていく可能性は大いにあり得ることですから。

あなたの個性は矯正しないことです。

欠点だと感じるところは、そう感じるうちは、そっとそのままにしておけばいいですね。

それを矯正しようとすると、大きな不自然なストレスに苛まれることになりますし、大きな無駄な時間やエネルギーの浪費になっていきます。

その時間とエネルギーがあったら、長所と感じているところをどこまでも伸ばすことに充てた方が、遥かに進化を実現力をできるでしょう。

徳冨蘆花さんの、こんな言葉もありました。

新しいものは常に謀叛である。


人間の目的は、富士山に登るようなものじゃと俺は思う。
登りゃ登る程急峻困難になって来る。


地位ができたら気焔(きえん)は無くなる。


人間は書物のみでは悪魔に、労働のみでは獣になる。


これまでに紹介した、徳冨蘆花さんの言葉です。

(浜本哲治)

蘆花恒春園(東京都世田谷区)Wikipediaより
蘆花恒春園 東京都世田谷区 Wikipediaより

LINEで送る