徳冨 蘆花の名言 Roka Tokutomi

徳冨 蘆花(Roka Tokutomi)Wikipediaより

人間の第一職分は、自家の天職を探求するのが第一で、其(その)天職をどこまでも遂行するのが第二の本分であろう。

徳冨 蘆花 Roka Tokutomi

小説家 1868~1927


あなたの仕事、やっていることは、天職と感じられているでしょうか?
生涯に渡って追求していきたいと感じられているものでしょうか?

誰もが天職と感じられているものをやっていれば、人間界はもっと住みやすい、生きやすい世の中になっているでしょう。

ストレスの大きな原因は無理をすることです。

人間社会がストレスで充満しているのは、多くの人が無理をしているからですね。

モア&モアの社会構造が生活を人質のようにして、個人にも無理を強いてストレスを増大させています。

自然界の、例えば植物たちの大きなストレスは、自然のままに自分らしく生きられないことでしょう。

これは、自然界に生きる生き物は、全員同じように感じるストレスでしょうね。

特に人間は、自分たちにも自分らしさを放棄させてストレスを溜め込み、自然に対しても自然のままを奪いストレスを与えています。

もうすでにモア&モアの発想では立ち行かなくなる傾向は、目に見える形で現れてきています。

もっといい物を、もっとたくさんの物をという価値観を早く手放していった方がいいでしょう。

そしてその気持ちを向けるのは、自分自身の心、天賦の才の天才を磨き、向上させることにシフトしていくタイミングでしょうね。

物欲から心欲。

もっと何か物がないと生きていけないでしょうか?

そんなところに心とエネルギーをすり減らすより、あなたの天才を磨き込んでみてください。

あなたの天才を必要としている人の愛であなたは生かされることになります。

それが天職ですね。

あなたらしく生きて、愛で生かされていくか。
心をすり減らして、ストレスと不安を抱えて生きていくか。

物欲のモア&モアを手放して、天才、天職に心血を注ぐように、ひとりひとりが価値観を変えていけたら。

人間界は大きく動き出すでしょう。

今の現状からでも価値観を大きく変える、一時的な痛みを覚悟さえ出来れば、いくらでもシフト、変えていけることです。

天職で生きていけることを体感出来れば、簡単に忘れる痛みです。

今のまま突き進んでいったら、未来の子どもたちに素晴らしい世の中、美しい地球を残せないのが分かっているのですから、多少の痛みは覚悟しなきゃですよね。

誰かが社会を変えてくれる、なんてことを期待していても無駄です。

自分自身が変わって社会を変えていくくらいの気概が、こんな社会を創ってしまった、今の私たちには必要でしょう。

国や経済などの、何か大きな力に動かされているようですが、常にその主体は個人ですからね。

誰かのせいで、世の中が変わらないのではありません。

あなたが変われば世界は変わります。

あなたらしく生きることを決して諦めないでください。

あなたの天職を見つけ、それで生きていくことこそ、最高のあなたらしい生き方ですね!

あなたの天才で、必ず幸せに生きていけます。
すぐにでも天才磨きにかかっていきたいですね!

これまでに紹介した、徳冨蘆花さんの言葉です。

(浜本哲治)

徳冨蘆花文学碑(神奈川県逗子市蘆花記念公園)Wikipediaより
徳冨蘆花文学碑(神奈川県逗子市蘆花記念公園)Wikipediaより

LINEで送る