フランシス・ジャンソンの名言 Francis Jeanson

フランシス・ジャンソン(Francis Jeanson)

幸福への才能とは、幸福への好みを抱き、
幸福であることへの情熱を抱くことである。

フランシス・ジャンソン Francis Jeanson

フランスの哲学者 1922〜2009


才能とは、幸せになることに限らず、
こういう要素が必要不可欠なものでしょう。

イメージできることは、
才能には不可欠なことです。

人間の脳は、イメージしたことを、
現実化していきます。

どういうイメージを抱けるかが、
大きな才能と言えます。

また、情熱も不可欠なものですね。
どれほどの情熱を抱けるかも、
才能のひとつと言えるでしょう。

そして、こうしたことや、
自然を実感して掴むことのような、
技術的な能力以外の部分が、
真の才能には必要なことですね。

人間が解明している技術的な部分の差は、
それほど大きな違いではありません。

表面的には、技術的な差のように感じられることでも、
実は、もっと本質的なところの違いが、
現れてきているのだということに、
気づいていくことが重要ですね。

技術的な部分にさえ、
自然を知り、実感、体得していくことが、
大きな違いをもたらしていくことは、
間違いのないことですね。

あなたの素晴らしい才能にも、
ぜひ、本質を追求していく、
才能の根源を授けてあげて、
技術的なことで、迷い、途方に暮れることが、
ないようにしていってあげてください。

(浜本哲治)


もう一人のサルトル (1971年) (晶文選書)