フランシス・ベーコンの名言 Francis Bacon

フランシス・ベーコン(Francis Bacon)Wikipediaより

海のほか何も見えないときに、陸地がないと考えるのは、けっしてすぐれた探検家ではない。

フランシス・ベーコン Francis Bacon

イギリスの哲学者・神学者・政治学者 1561~1626


これは何事においても、事を成していく上でとても大切なことですね。

見えているものが全てとするのと、見えていな部分にも可能性があるとするのとでは、明らかにフィールドの広さが違ってきます。

非常に単純明快なことなのですが、意外と思考や見えているもの、経験したものなどに縛られているケースは多いものです。

同じ能力でも、それをどういうフィールドで生かしていくかで全く違う結果を引き寄せることになります。

フィールドは広ければ広いほど可能性は広がりますし、無限にある可能性を活かせることにもなります。

また能力自体も顕在化しているものは、実際に持っているもの、あるもののほんの一部でしかありませんから、潜在的な能力を、あるものとして使っていくのと、ないものとして使っていくのとでは、これも結果に雲泥の差をもたらします。

どうぞ、見えない部分を大切にしてイメージしてみてください。

これまでのどんな創造も、見えないものをイメージするところからスタートしています。

見えないけどあるものは、あることを前提にしていくことです。

せっかくの無限のフィールドが自然界には用意されているのですから、そのフィールドを存分に活用していってください。

フランシス・ベーコンさんのこんな言葉もありました。

賢者は、チャンスを見出すのではなく、作り出す。


順境の美徳は自制であり、逆境の美徳は不撓不屈である。


知識は力なり。


これまでに紹介したフランシス・ベーコンさんの言葉です。

(浜本哲治)

フランシス・ベーコンの署名 Wikipediaより
フランシス・ベーコンの署名 Wikipediaより

LINEで送る