カール・ベンツの名言 Karl Friedrich Benz

カール・ベンツ(Karl Friedrich Benz)Wikipediaより

発明することのほうが、発明したことよりもずっと面白いことだ。

カール・ベンツ Karl Friedrich Benz

ドイツのエンジン設計者 自動車技術者 メルセデス・ベンツ創業者 1844〜1929


これはどんなチャレンジにも言えることでしょう。

自然界では常に最高の喜び、幸せは、その過程の中にあります。

結果が出ることも過程のひとつですが、何かを成し遂げた喜びはその一瞬だけのことです。

そこで満足して前に進んでいくこと、チャレンジすることを止めてしまうと、途端に大きな不自然なストレスに襲われるのも自然界の理ですね。

毎日が愉しめるのは、夢に向かってチャレンジしている時です。

ひとつの夢が実現したら、どんどん進化した夢を目指していき、今を夢にチャレンジしている過程にしていくことです。

どんなレベルの夢を実現しても、それで真に満足することはありません。

それが無限の可能性のある自然界で生きていく存在の欲です。
欲がなくなると自然界の存在は生きていけなくなります。

ただその欲の向ける方向が不自然な方向になってしまうと、これも不自然なストレスに苛まれる大きな要因になってしまいます。

ぜひ目の前の今に、最高の悦びを感じられるチャレンジをして、あなたの脳にも才能にも最高を授けてあげてください。

それに最高の形で応えてくれますよ。

カール・ベンツさんのこんな言葉もありました。

私は蒸気機関車を鉄道の束縛から解き放ちたいと思ったのだ。


(浜本哲治)

マンハイムでのカール・ベンツの工房 Wikipediaより
マンハイムでのカール・ベンツの工房 Wikipediaより

LINEで送る