中村 俊輔の名言 Shunsuke Nakamura

中村 俊輔(Shunsuke Nakamura)Wikipediaより

誰よりも練習する事。
それが必ず自信になる。

中村 俊輔 Shunsuke Nakamura

サッカー選手 1978〜


中村俊輔さんの、こんな言葉もありました。

満足すると、痛い目にあう。


努力したことは、無駄にはならない。


妥協してこなかったから、今の自分がある。


妥協しない毎日を過ごせば、何かが得られる。


他人を妬んでいる人は伸びない。
自分の足りない力を分析せずに、他人を妬んでも意味がないのだ。


一流のアスリートの集まりの中でも、最終的に差が出てくるのが、どこまで一心に、熱心に取り組み続けられたかです。

その差を多くの人が、能力の違いと勘違いしています。

これは、アスリートに限らないことでしょう。

どんな能力も、その開発に取り組み続けられたかどうかです。
能力差などは、これが簡単に凌駕してしまいます。

このことは、一流のアーティストを養成する大学などでも検証されていることですね。

時折、アスリート、アーティスト問わず、技術的な能力の違いを口にする場面に遭遇しますが、どんなに今の時点で技術的な優れていたとしても、その能力を磨くことなく能力が進化することはありません。

もちろん進化の速度は人それぞれですが、その速度を踏まえた上で、どれだけ取り組み続けていけるかですね。

非常にシンプルなことですが、目指す地点があれば、そこをしっかりと見据えて、一歩一歩歩みを止めることなく進んでいけば、必ずそこには辿り着けます。

途中で止めるから辿り着けないだけです。

どうぞあなたの素晴らしい才能に、誰よりも多くトレーニングし続ける、真の能力と言えるチャレンジを授けてあげてください。

技術的なものは能力とは呼べず、真の能力は別のところにあることをしっかりと認識してください。

中村俊輔さんの、こんな言葉もありました。

足りないものがわかれば、それを埋めることを考えればいい。
何もわからないより、よっぽど素晴らしい。


壁があるほうが僕は落ち着く。
どんなに分厚い壁であっても、それから逃げることはない。
逃げようという気持ちも起きない。
どんなに困難で、たとえぶつかって砕け散ったとしても『ぶつかったこと』で得るものがあるから。


(浜本哲治)

セルティックでプレーする中村(左、2006年)Wikipediaより
セルティックでプレーする中村(左、2006年)Wikipediaより

LINEで送る