アーヴィング・バーリンの名言 Irving Berlin

アーヴィング・バーリン(Irving Berlin)Wikipediaより

成功して最もつらいことは、その後も成功者であり続けなければならないことだ。

アーヴィング・バーリン Irving Berlin

ベラルーシ生まれのアメリカの作曲家 作詞家 1888〜1989


何かを成し遂げたら、その後にバラ色の人生が待っているとは考えない方がいいですね。

無限の可能性のある自然界では、どんな領域に到達してもまだいくらでも極めていく道はあります。

いつまでも、最期のゴールを迎えるまで、できること、やるべきことはいくらでもあると覚悟しておくことです。

そして上手くいった本質、本当の要因について、自然界の自然に沿って心得ておき、それを使えるようにしておくことです。

例えば成功をもたらしたアイデアなどは、多くの場合、思考からは訪れていないこと。

また本当に最高の力を発揮できた時は、力を込めて、力を出そうとした時ではないこと。

などなど、この本質に気づけないと一度きりの成就になってしまいます。

どれも難しいことではありません。
自然界の原理原則を心得ておけば、常に再現性を持って実現できるものです。

ぜひ無限の可能性の中から、どれだけ引き出していけるかが自然界の人生だと心得てください。

これまでに紹介したアーヴィング・バーリンさん言葉です。

(浜本哲治)

ロジャース&ハマースタインとともに(1948年)Wikipediaより
ロジャース&ハマースタインとともに(1948年)Wikipediaより

LINEで送る