イビチャ・オシムの名言 Ivica Osim

イビチャ・オシム(Ivica Osim)Wikipediaより

トップクラスの選手は、シンプルにプレーするものであり、それが一番美しい。

イビチャ・オシム Ivica Osim

ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のサッカー選手 指導者 1941〜


イビチャ・オシムさんの、こんな言葉もありました。

大事なことは、昨日どうだったか、明日どうかではなく、今日一日を大切にすること。


本当に強いチームは、夢を見るのではなく、できることをやるものだ。


日本人はシステム論議が好きらしいが、
システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。
システムの奴隷になってはいけないのだ。


どんなに複雑に見えることでも、達人はシンプルにやっています。

シンプルを追求していくと感動的なほど美しさが増していくことは、自然の植物たちの花などを見れば明らかなことでしょう。

無駄の一切ない美しさ。
これは感動的です。

人間の場合は、簡単なことまで複雑にしてしまい、その複雑さがあたかも難しいことをやっているかのように見せて、それが美しさ、凄さだと勘違いしているケースは多いものですね。

またシンプルが良いと考えると、すぐにシステム化しようとすることも勘違いのひとつにあるでしょう。

そういう要因のひとつに、過去や未来に囚われすぎて、創りたい未来を見据えた目の前の今を何よりも大切にできない行動があります。

シンプルの追求ほど奥が深く愉しい探求はありません。

複雑になるほどに底が浅くなり、簡単に飽きてしまいますし、その追求は疲れるばかりです。

どうぞあなたの素晴らしい才能には、シンプルにシンプルに探求していく思考、思感、行動を授けてください。

その追求に、あなたの能力も見事に応えてくれますよ。

これまでに紹介したイビチャ・オシムさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る