アントン・チェーホフの名言 Anton Pavlovich Chekhov

アントン・チェーホフ(Anton Pavlovich Chekhov)Wikipediaより

人間に理性と創造力が与えられているのは、自分に与えられたものを増やすためである。

アントン・チェーホフ Anton Pavlovich Chekhov

ロシアを代表する劇作家 短編小説家 1860〜1904


アントン・チェーホフさんのこんな言葉もありました。

知識は実践するまで価値がない。


人間の目は、失敗して初めて開くものだ。


理性や創造力は人間だけに与えられたものではなく、自然界の存在には全て与えられています。

自然界の存在がそれを使ってそれぞれの進化の実現があるからこそ、自然界全体も進化していけます。

ただ人間は、この使い方がまだまだ未熟と言っていいでしょう。

だからこそことさらにこの能力が備わっていることを、人間だけのように考えてしまうのでしょうね。

理性や創造力に限らず与えられた全ての能力は、自分自身を進化させるためにあります。

もちろんその進化が自然界での真の夢の実現に繋がっていなければ、それは進化とは言えないでしょうし、大きな不自然なストレスを感じることにもなります。

成長と進化は違います。
有限と無限の違いと言ってもいいでしょう。

進化はどこまでも果てはありません。

どうぞあなたに授けられた素晴らしい才能を全て駆使して、果てしない遠くまでの夢をイメージして、成長ではなく進化を日々実現していってください。

アントン・チェーホフさんのこんな言葉もありました。

教養ある人間は、他の人格を尊重し、したがってつねに寛大で柔和で腰が低いものである。


優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服できない。


自分の運命は自分で作り出すべきもので、虚偽や不正は絶対に排撃せねばならない。


これまでに紹介したアントン・チェーホフさんの言葉です。

(浜本哲治)

チェーホフとオリガ・クニッペル Wikipediaより
チェーホフとオリガ・クニッペル Wikipediaより

LINEで送る