石川 啄木の名言 Takuboku Ishikawa

石川 啄木(Takuboku Ishikawa)Wikipediaより

明日は、何を為すべきか。
これは今日のうちに考えておかなければならぬ唯一のものである。

石川 啄木 Takuboku Ishikawa

明治の歌人 詩人 1886~1912


とてもシンプルなことですが、人間は特に、これができずに、明日起こるかもしれないことなどを、心配してしまっています。

それが心配になることは、目の前の今に、必要不可欠なことが、できていない証拠でもあるでしょう。

起こる結果などは、過去自分が放ったエネルギーの結果ですから、全て甘受するしかありません。

そんな、どうにもならないことを気にしている時間があったら、創りたい未来のために、今何をすべきかを感じ、実践していくことですね。

今何をするかは、本来、自由になるものですが、ここにも、様々な縛りを、自ら創ってしまうのが人間です。

それが、可能性をどんどん狭めていっています。

未来の進化のためには、今のアクションが進化していかないことには、どうにも実現は難しいことになります。

進化するとは、今までを超えることです。

ぜひ、あれこれ思い悩んでも、考えても、仕方のないことに、命の時間を費やすことはやめて、目の前の今のアクションに、未来を創る最高の愛が乗るように、そのことだけに全てを集中させてください。

これまでに紹介した、石川啄木さんの言葉です。

(浜本哲治)

啄木(右)と親友の金田一京助(左)。1908年(明治41年)10月4日、『明星』終刊の際の写真(部分)Wikipediaより
啄木(右)と親友の金田一京助(左)。1908年(明治41年)10月4日、『明星』終刊の際の写真(部分)Wikipediaより

LINEで送る