稲尾 和久の名言 Kazuhisa Inao

稲尾 和久(Kazuhisa Inao)Wikipediaより

人間、最後はバカになり切った者が勝つ。
そうでなくてどうして、人の上を行く技術、体力、修羅場でふんばる気力が得られるだろうか。

稲尾 和久 Kazuhisa Inao

元プロ野球選手(投手)コーチ 監督 解説者 評論家 1937〜2007


やってることにとことん没頭して、まさにバカになりきっている存在に、かなうものはありません。

植物たちはまさにそれを体現していますが、人間はどうしても中途半端になりがちですね。

色んなことが器用にできることが影響しているのでしょうね。

これしかない。
という一点に全てのエネルギーを注ぎ込む以上に、その一点を深く掘り下げられることはありません。

エネルギーは一点集中が、最高のパフォーマンスを生み出します。

どうせやるなら、とことん没頭してやることです。

そしてそれは、日常のあらゆる生活の中で、自分の中に醸成していくことですね。

没頭できることに出会うことももちろん大切なことですが、どんなにそういうものに出会っても、体得できている習慣が身についていないと、やはり中途半端になりがちですね。

ぜひまずは、エネルギーを一点に集中することの素晴らしさを体感していってください。

そして、それを体得していってください。

これまでに紹介した、稲尾和久さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る